真霊学校 扶桑社文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594065485
ISBN 10 : 4594065481
フォーマット
出版社
発行年月
2012年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
263p 15cm(A6)

内容詳細

映画『リング0―バースデイ』、テレビシリーズ『ほんとにあった怖い話』の鶴田法男監督が総合監修を務める、すべて実話のホラー怪談エピソード集がついに登場。「連弾」「理科室から覗く影」「学校裏サイト」「噂のトイレ」「呪われた絵」「鬼ごっこ」「深夜バス」「幽霊アプリ」「午前0時の行列」…など、Jホラームービーの巨匠自らが日本全国で見聞きした「学校にまつわる怖い話」全56本を完全収録。

目次 : 第1章 教室内の出来事(転校/ 美術室 ほか)/ 第2章 学校内の出来事(学校の最上階/ プール開放 ほか)/ 第3章 学校周辺の出来事(鬼ごっこ/ 上の部屋の住人 ほか)/ 第4章 旅先の出来事(ドライブ/ 合宿所のトイレ ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HANA さん

    実話怪談って本当に語り口が大切だと認識させられる。作家の手を通さない体験者の生の語り口なんだけど…やはり話に手を入れるって重要なのですね。内容も水中から足を引っ張る幽霊や旅館に出る自殺者の怨霊等、どこか懐かしさを感じさせるものが多く、実話怪談の洗練された現在の本とはとても思えない。読みながら『あなたの知らない世界』とかを思い出した。

  • ゆみきーにゃ さん

    ベランダからの光景が1番恐ろしかった。やっぱり人間って恐ろしい‥

  • ふぁるこん さん

    本独特の怖さがあった

  • akinori.ohishi さん

    学校に関する怪談ということで,割と身近にぞくっとするような感覚が味わえました。ただ,1つのエピソードが4ページ弱ということで,物足りなさを感じました。もう少し,深く掘り下げたエピソードを混ぜ込んでもよかったかなと思いました。

  • ねこうさ✿ さん

    鶴田法男監修ということで読んでみた。文章を書いたのは奥付の構成の部分に名前がある人たちだろうか。中に「恐怖コレクター」の文章を書いている人の名前があった。内容としては集められた体験談をまとめたもの。教室の中、学校の中、学校周辺、旅先の4つに分けられている。ほぼ全編が4ページに収められているのでかなりあっさりしている。たまにおかしくない?と思う部分もある。淡々としていて読んでいる分には怖さはなかった。監督が実際に体験したエピソードは怖かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品