夢の中で会えるでしょう

高野寛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784902744934
ISBN 10 : 4902744937
フォーマット
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
173p;19

内容詳細

ミュージシャン・高野寛が、緒川たまきと共に司会を務めた伝説的バラエティ番組『土曜ソリトンSIDE−B』。その放送から20年を記念して番組の雰囲気で行われたトークイベント「夢の中で会えるでしょう」の模様を、熱気そのままにまとめた対談集。ボーナストラックとして、のんとの語り下ろし対談も収録。ホスト:高野寛 ゲスト:緒川たまき、Bose(スチャダラパー)、いがらしろみ、高橋幸宏、片桐仁、コトリンゴ、のん

目次 : 緒川たまき/ Bose/ いがらしろみ/ 片桐仁/ 高橋幸宏/ コトリンゴ/ のん

【著者紹介】
高野寛 : 1964年静岡県生まれ。1986年高橋幸宏、鈴木慶一主催のオーディションに合格したことをきっかけにTHE BEATNIKSのツアーにギタリストとして参加。1988年シングル「See You Again」でデビュー。1990年「虹の都へ」「ベステンダンク」がヒット。1995年〜1996年トーク番組『土曜ソリトンSIDE−B』(NHK教育テレビ、現・Eテレ)で司会を担当。ソロ活動だけでなく、ギタリスト、プロデューサーとして多くのプロジェクトに参加。pupa、GANGA ZUMBA、Nathalie Wise 等、バンド活動も精力的に行う。2018年デビュー30周年を記念したベストアルバム『Spectra 〜 30th All time & Collaboration Best 〜』を発表。著書に写真集『RIO』(mille books)、『ここはどこか』(角川書店)、『いつのまにか晴れ』(CBS・ソニー出版)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かっつん さん

    高野くんの『夢の中で会えるでしょう』読了!ソリトンSIDE-Bで出会った人やものにどれだけ影響を受けたことか。思わず実家に録画したビデオを取りに帰ってしまった。テープが死んでなくて良かった!

  • さやか さん

    昔やっていた、土曜ソリトンside-Bという教育TVの番組。大好きな高野さんが司会、ということで毎週楽しみに観ていました。ゲストは京極夏彦やBOSEくんやオザケン・・・。短歌のコーナーやドリアン助川のコーナーもあった。高野さんの曲ももちろんあって、それが一番の目当てだったかも。だからこの対談集はとっても楽しかった。番組に出ていない片桐さんやのんちゃんとの対談も、番組の採録みたいでした。高野さんは良き後輩で、よき先輩なんだ、とわかる、いい本なので、いろんな人に読んでほしい!

  • 小林ミノリ さん

    かつての教育テレビで土曜ソリトンSIDE−Bと言う番組がありまして、その同窓会およびボーナストラック的な対談集。 高野くんとたまきさんお二人のかもし出す雰囲気は当時となんら変わることなく自然とあの番組の空気を再現し、続く対談者もかなりディープな話をしているにもかかわらず何だか土曜の夜テレビの前で見ていた当時のような感覚で読むことができます、そのとき生じた心のソリトンが時を越え今も変わらず在り続けていることを再確認した次第です。

  • はななん さん

    SIDE-Bをちょっと背伸びして見ていたので、嬉しいー!いがらしろみさんとの意外ならつながりは、今回初めて知りました。予約で手に入れましたが、もっとたくさん書店に並ぶべき本。

  • rakuda さん

    「土曜ソリトン SIDE-B」は緒川たまきさんにとっても高野さんにとっても重要な番組だった。 「(もしもまた番組をいっしょにやるという話があれば)高野さんやる?」という緒川さんの問いに「やりましょうよ。」と即答する高野さん、そしてその答えに喜ぶ緒川さん。このくだり、ちょっと泣きそうになった。 そしてこのあと高野さんの歌う「All over,Starting over 〜その笑顔のために〜」。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

高野寛に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品