わかりやすい量子力学入門 原子の世界の謎を解く

高田健次郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784621073469
ISBN 10 : 462107346X
フォーマット
出版社
発行年月
2003年12月
日本
追加情報
:
21cm,186p

内容詳細

原子・分子といった極微の世界を支配する重要な理論でありながら、なかなかわかりにくい量子力学を、平易な言葉で解説する入門書。量子力学の物理的意味とそれが必要になった理由を難しい式なしに言葉で解説する。

【著者紹介】
高田健次郎 : 1935年山口県生まれ。1958年京都大学理学部物理学科卒業。1963年京都大学大学院理学研究科修了。同年日本学術振興会奨励研究生。同年大阪市立大学原子力調査研究室助手。1965年同講師。1967年九州大学理学部助教授。1989年同教授。1999年九州大学名誉教授。1963年理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takao さん

    わかりやすい

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

高田健次郎

1935(昭和10)年、山口県に生まれる。1954年に京都大学理学部物理学科入学。同校卒業後、京都大学大学院理学研究科に進学、1963年理学博士号を取得する。大学院時代に京都出身の妻弘子と結婚、二子をもうける。1963年大阪市立大学原子力調査研究室に就職、1967年九州大学理学部物理学科原子核理論研

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品