わたしのとっておきワインのつまみ バルの定番から、肉、魚のメインまで

高橋雅子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784259564575
ISBN 10 : 4259564579
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
95p;26

内容詳細

ふだんにも、おもてなしにも、ワインにぴったり華やかレシピ。料理とワインの組み合わせや、家飲みワインを楽しむ情報も満載。

目次 : 高橋雅子さんの小皿で楽しむバルのつまみ/ 藤井恵さんの野菜だけでつくるヘルシーつまみ/ サルボ恭子さんのビストロ風ボリュームつまみ/ 堤人美さんの冷蔵庫にストックできるつくりおきつまみ/ 瀬尾幸子さんのワインに合う和のつまみ/ 野口真紀さんのワインに合うめん、ごはん、粉もの

【著者紹介】
高橋雅子 : パンとワインの教室「わいんのある12ヶ月」主宰。料理家。日本ソムリエ協会ワインアドバイザー。書籍や雑誌、企業などへのレシピ提供を行う

藤井恵 : 料理研究家。つくりやすく、栄養バランスのとれたレシピに定評がある。テレビや雑誌、書籍、広告などで幅広く活躍

サルボ恭子 : 料理家。老舗旅館の長女として生まれ、料理家の叔母に師事、パリのホテルでの研鑽を経て、独立。現在は料理教室を主宰

堤人美 : 料理研究家。出版社勤務後、料理家のアシスタントを経て、独立。雑誌や書籍などで、レシピを提供する

瀬尾幸子 : 料理研究家。だれでもおいしくつくれてムダのないレシピに定評がある

野口真紀 : 料理家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 白黒豆黄昏ぞんび さん

    洒落てるわ〜!ワイングラスとかもういくらでも欲しくなっちゃいますね。作るのはちょっと手間そうなレシピでしたけど、眺めるだけで楽しい♪

  • たんぽぽ さん

    さっそく試してみたい気の利いた肴がたくさん。ビールでも、日本酒でも合いそうだけど、やっぱワインなんだろうな。今夜の肴を真面目に考えてしまう。

  • ぴのこ さん

    ホームパーティーの時にいいかな・・・と思い、借りてみました。とにかくおしゃれ。なのに意外に簡単。ワインの習慣はありませんが、たまにはおうちワインも悪くないかも・・・と思わせてくれた一冊です。

  • 三毛猫座(みけ さん

    こういうの、作れるようになりたい…食べたい。

  • 僕素朴 さん

    瀬尾さんの、和の食材をワインに近づけるアプローチ;ベーコン、発酵食品(ex.キムチ)、マヨネーズ、ドライフルーツを使う。他、醤油は香りづけ程度にする、出汁でなく塩で調味するなど。人美さんのサバのリエット、骨と皮を取り除くのはちょっと手間だったけど美味しかった。扱ったことのない、すね肉やすじ肉を煮込んでみたくなる。自宅でワインを飲むのが楽しみになり、リーデルのグラスとバキュバンを購入。どちらも手の届かない高級品だと思い込んでいた。作って美味しいだけでなく、生活に変化をもたらしてくれる本は嬉しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

高橋雅子

東京・代々木上原にあるパンとワインの教室「わいんのある12ヶ月」主宰。神奈川県生まれ。ル・コルドン・ブルーなどでパン作りを学び、独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品