高橋優
チケット受付中

高橋優 レビュー一覧

高橋優 | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

22件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • めちゃくちゃ良い曲! ドラマにピッタリ! イベン...

    投稿日:2017/11/26

    めちゃくちゃ良い曲! ドラマにピッタリ! イベントに行けなかったのは残念だけど、アベマTVさんありがとう。 ジャケットもくっきーさんの素晴らしい絵で、ありがたい。

    夕貴 さん |10代

    0
  • これからの高橋優の姿。 今までの高橋優さんらしさを...

    投稿日:2016/11/20

    これからの高橋優の姿。 今までの高橋優さんらしさを活かしつつ、また新たな一歩を踏み出そうとしている様子をアルバム全体から感じることになるだろう。 シングルでもその変化に気づいている人がいると思うが、「明日はきっといい日になる」の思いっきりポジティブな楽曲であったり、「さくらのうた」のような繊細な美しさであったり、「産まれた理由」のようなしみじみと聴かせるウェデイングソングに、「光の破片」のような甘酸っぱい青春を描いた疾走感のある展開の楽曲。 リリース毎にまだ新しい一面を見せてくれるのかというほど見せ付けてくれた。 そして、そのどれもが揺ぎ無い高橋優という存在、感情そのものであった。 だからこのアルバムも間違いないと思っていたが、まさにその通りであった。 「Mr.Complex Man」こそ今まで通りの高橋優さんらしさ全開であるが、「君の背景」、「悲しみのない場所」のような優しいバラードを繊細に聴かせたり、「拒む君の手を握る」のように少し曖昧な感情を描き出すのは珍しい。 強めな言葉が並ぶ楽曲も確かにあるのだが、「アイアンハート」や「Cockroach」のように想いをぶつけつつも決め付けるのではなく、受け止めることで進んで行こうとする姿は、じわじわと感情を揺さぶってくる。 そして最後には、これらの感情を全て受け止めてくれるような「BEAUTIFUL」という壮大な楽曲を待ち構える。 この楽曲はこれまでを経た今の高橋優さんが歌うことで、ここまで活きた楽曲になっているのだろう。 冒頭の言葉に戻るが、これからの高橋優。 それを聴いて感じる最高のアルバム。 これからを歩み始めた高橋優さんはもちろん楽しみだが、まずは今ここにある最高の一枚を楽しんでみてほしい。

    micarosu さん |30代

    2
  • 高橋優さんの歌はやはり心を揺さぶってくる。 今ま...

    投稿日:2016/10/01

    高橋優さんの歌はやはり心を揺さぶってくる。 今までは激しく直球な言葉や歌い方で攻めてくる楽曲が多かったが、ここ数年その歌い方に変化が見られる。 今作ではそれが顕著に出ていて、サビでは声を張り上げずに丁寧に言葉を響かせているのが印象に残る。 それでも何故だろう。 聴いていると不思議と心が揺さぶられているのがわかる。 青春時代を彷彿とさせる甘酸っぱい歌詞。 情緒溢れるメロディ。 少し走り気味なサビの進行。 それを支える音色の絶妙な距離感。 これらが絡み合うように、そして互いを引き立てあうように押し寄せてくるから、こんなにも感情が溢れる楽曲に仕上がっているのだろう。 これまた高橋優さんの一つの到達点。 直球な楽曲も良いが、ここまで洗練された楽曲もまた心地良くてたまらない。

    micarosu さん |30代

    0
  • リリースごとに予想を上回るものをリリースしてくれる...

    投稿日:2014/08/31

    リリースごとに予想を上回るものをリリースしてくれる高橋優さんですが、今回もまた予想を上回る作品だった。 アルバムのは始まりは「BE RIGHT」から。 現状の皮肉を歌いながらも、軽快なテンポとメロディ、そしてサビの歌詞で聴き手へエールを送ってくれる。 続く「太陽と花」は格好良い骨太のサウンドから始まり、強く生きていく姿を力強く歌い上げる高橋優さんの歌声に聴き惚れてしまう。 「裸の王国」では題材に冷静に客観的にSNSについて描いていて、色々考えさせられる。 客観的という言葉を使ったが、これは他人事という意味ではない。 目線を変えるという意味で、今見ているものは本当に全てか?という投げかけでもある。 この目線を変えるというのが一つポイントで、「裸の王国」だけでなく、「WC」、「犬」など、アルバムの中で存在感を放つ曲がある。 こういった曲があることで、「BE RIGHT」や「太陽と花」などに込められた希望がより尊く感じることができ、アルバムを聴き終えたときに心が満たされたような感じになる。 アルバムのキャッチコピーとして「平成の大名盤なり!」という言葉が使われているが、この言葉に嘘、偽りはない。 今の高橋優さんだからできる最高傑作だ。

    micarosu さん |20代

    1
  • 一貫してメッセージ性の強い歌詞を歌い上げるロックな...

    投稿日:2013/07/25

    一貫してメッセージ性の強い歌詞を歌い上げるロックな姿勢に胸を熱くされる。現代の日本で、これだけ感情をストレートに叫んだ歌手が他にいるだろうか? 歌われている内容は今時の若者の感情だけど、それはかつてのフォークと呼ばれたそれと共通するものだと思う。ただ、その感情を、思いを、声高に表出させる稀有な存在であることは間違いない。媚びることなく、包むことなく、とにかく素直に周りに、自身に語り(叫び)かける。あっちーぜ!!

    pinkjames さん |40代

    0
  • 明らかに音が変わった。 明らかに言葉が変わった。 ...

    投稿日:2013/07/21

    明らかに音が変わった。 明らかに言葉が変わった。 時に荒々しく、時に繊細で、でもやっぱり荒々しく。 「僕らの平成ロックンロールA」から楽曲が変わったと感じていたが、ここまでの作品に出会えるとは思っていなかった。 中でも「人見知りベイベー」、「CANDY」、「泣ぐ子はいねが」はそれを象徴するような楽曲。 「人見知りベイベー」は少ないコードを繰り返し回す楽曲で、人見知りということを色んな言い回し綴る言葉が妙に耳に残る。 「CANDY」は自身の体験のようないじめの描写が印象的な楽曲。 心が締め付けられそうではあるが、ただ辛かったでは終わらせずその出来事を受け止められるときが来るという前向きな想いも汲み取れる。 この曲を形にするのは勇気がいることだっただろう。 「泣ぐ子はいねが」は秋田弁全開の楽曲。 自虐的ではあるが、それでもふるさとである秋田が好きだということが伝わってくる曲。 あえてバラードではなく強めの口調で歌うような楽曲に仕上げていることも、いい意味で高橋優さんらしい。 この3曲をはじめ、アルバム全体として一つ殻をやぶったような楽曲が多く収められている。 「BREAK MY SILENCE」 高橋優という沈黙を破る新境地の一枚だ。

    micarosu さん |20代

    0
  • ここで立ち止まっている場合ではない。 聴いている...

    投稿日:2013/06/02

    ここで立ち止まっている場合ではない。 聴いていると不思議とそんな気持ちになっていた。 ミディアムテンポの流れるようなメロディに、シンプルで直球の言葉。 こういった直球の楽曲は高橋優さんに合わないのではとどこかで思っていたが、そんな危惧は全く持って関係なかった。 それどころか高橋優さんが歌うからこ大きな意味を持ち、聴き手の心に直感的に届く楽曲になっている。 ありきたりな言葉になってしまうが、もし何かに悩んでいたり、今が辛いと感じていたらこの曲を聴いてみてほしい。 きっと明日を歩いていく勇気がもらえるはずだ。 この曲が持つ力は本物なのだから。

    micarosu さん |20代

    0
  • なんて泥臭いんだろう。 きれいに丸めた言葉ではなく...

    投稿日:2013/01/13

    なんて泥臭いんだろう。 きれいに丸めた言葉ではなく、自分自身と向き合った本当の言葉で詩が綴られている。 「ボーリング」の”面倒臭え”、「発明品」の”孤独だ”のフレーズは特に印象的で、誰かのための歌ではなく、自分自身をもう一度泥臭く表現することでまた前に進もうとしている様子が伝わってくる。 その泥臭さはインディーズ時代の名盤「僕らの平成ロックンロール」を彷彿とさせるが、それは決して同じものではなく、あくまで今の高橋優の姿がここにはある。 いわばこのアルバムは、過去と今を繋ぎ、未来へ導くアルバム。 まだまだ成長していくであろう高橋優の歴史の中で、重要な意味を持つことになる一枚だ。

    micarosu さん |20代

    0
  • 高橋優が世に知れ渡ることになったインディーズ時代の...

    投稿日:2013/01/01

    高橋優が世に知れ渡ることになったインディーズ時代の名盤「僕らの平成ロックンロール」。それからメジャーにあがり着実にステップを上がった3年半ぶりの続編は、人の優しさ社会の厳しさを歌う高橋優の原点に帰った1枚

    太陽の塔 さん

    0
  • すごく良い曲♪ すごくカッコイイです。 「友へ」が...

    投稿日:2012/10/04

    すごく良い曲♪ すごくカッコイイです。 「友へ」が好きです!

    ami さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%