天皇と国民をつなぐ大嘗祭

高森明勅

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784886564801
ISBN 10 : 4886564801
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
246p;19

内容詳細

皇位継承儀礼の大嘗祭。その成立はいつか?新嘗祭との違いは何か?本書は大嘗祭の歴史と全体像を提示し、国民の参画は大嘗祭の最も大切な契機であるという視点から、知られざる大嘗祭の真姿に迫る。

目次 : はじめに―「民の大嘗祭」という視点/ 第1章 大嘗祭はどこから来たか―大和王権の起源とニイナエのはじまり/ 第2章 大嘗祭以前―大化前代における王権継承とその神聖性/ 第3章 大嘗祭はいつ成立したか―古代国家確立の指標/ 第4章 誰も知らない大嘗祭―祭りのなかの国家/ 第5章 歴史をつつみ込む大嘗祭/ 第6章 大嘗祭のこれまでの歩み―変遷のなかの持続/ 第7章 現代にとって大嘗祭とは何か

【著者紹介】
高森明勅 : 昭和32年、岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒業。同大学院博士課程(神道学専攻)単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「国家観・歴史観」講座担当などを歴任。大嘗祭の研究で神道宗教学会奨励賞を受ける。小泉内閣当時「皇室典範に関する有識者会議」のヒアリングに応じる。現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品