「首都感染」後の日本 宝島社新書

高嶋哲夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784299012012
ISBN 10 : 4299012011
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
追加情報
:
191p;18

内容詳細

2020年、世界を襲ったコロナ・ショック。感染症の脅威を描いた小説『首都感染』はまさに現実のものとなった。国家の危機を描き続けてきたクライシス小説の第一人者が、コロナによって浮かび上がった日本の「弱点」、そして近い将来必ずやって来る東京直下型地震、南海トラフ地震のリスクを指摘。東京一極集中の弊害と、新たな時代にマッチした国家の在り方を提言する。

目次 : 1章 新型コロナウイルスと日本の「弱点」(『首都感染』を書いたきっかけ/ 感染症への準備ができていなかった日本/ 「感染者数」に振り回される日本 ほか)/ 2章 首都直下型地震と南海トラフ地震(もしコロナのなかで災害が起きたら/ 阪神・淡路大震災の「忘れぬ記憶」/ 日本で過去に起きた3つの巨大地震 ほか)/ 3章 道州制と日本の新しい形(『首都崩壊』で描いた首都移転構想/ 首都移転議論の歴史と経緯/ 候補地となった3つのエリア ほか)

【著者紹介】
高嶋哲夫 : 1949年岡山県玉野市生まれ。慶應義塾大学工学部卒業、大学院修士課程修了。日本原子力研究所研究員を経て、カリフォルニア大学に留学。1979年日本原子力学会技術賞受賞。1994年『メルトダウン』(講談社文庫)で第1回小説現代推理新人賞受賞。1999年『イントゥルーダー』(文春文庫)で第16回サントリーミステリー大賞受賞(大賞・読者賞をダブル受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うろん さん

    読み始めてすぐに後悔しました。 今の自分にこれを読むのは、重すぎました。 もう少ししてから読むことにします。せめてコロナが終わってくれないと厳しいかもしれない。

  • まっちゃん さん

    高嶋氏の本は昨年から読み進めていますが、東京や日本が抱える災害リスクについて、もっと真剣に向き合う必要があると思っています。そのことを理解する上で、高嶋氏の本はとても有益です。最近東京の住宅エリアを自転車で走る機会が多いのですが、土地の面積に対して、住宅の数がどう考えても多すぎるし、このことを本気で是正しない限り、東京は大規模災害に持ちこたえることはできないだろうなということを感じてしまいます。

  • skr-shower さん

    同姓の方と間違えていて初読み。東日本大震災後の政府対応は初めてとはいえ、「想定外」で済む話じゃないよね?のオンパレードでした。書かれている事に納得はできるけど、持っていき方が同意を得にくいような…著書は読んでみようと思います。

  • Kazuo Ebihara さん

    著者が2010年に書いた近未来小説『首都感染』は、 コロナ感染拡大後、14万部以上増刷された。 近い将来、日本に必ずやって来る巨大地震と その対応策としての首都移転、道州制の提言。 こちら、柳の下の2匹目の泥鰌狙いの コロナ便乗本でした。

  • Go Extreme さん

    新型コロナウィルスと日本の弱点:準備ができておらず・感染者数に振り回される・科学的知見の大切さ・自然災害とコロナの相違点・貧弱な危機管理能力・IT後進性・東京目線の限界 首都直下型地震と南海トラフ地震:南海最大死者32万人・予測できない直下型地震の被害規模・高速道路倒壊・携帯依存社会でのデマ・震災後の人間の心の問題・経験していないことは想像できず・現実を受け入れる力 道州制と日本の新しい形:首都移転構想・岡山県・東京=面積45位/人口10%以上・国家の枠組みを変える時期・道州制構想・パソナ本社移転・自立心

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

高嶋哲夫

1949年、岡山県生まれ。慶應義塾大学工学部卒。同大学院修士課程修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員を経て、カリフォルニア大学に留学。1979年日本原子力学会技術賞受賞。94年、『メルトダウン』(講談社)で小説現代推理新人賞、99年、『イントゥルーダー』(文藝春秋)でサントリー

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品