本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第4部|6 貴族院の自称図書委員

香月美夜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784864727884
ISBN 10 : 4864727880
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
椎名優 ,  
追加情報
:
383p;19

内容詳細

進級式と親睦会を終えた貴族院で、ローゼマインの新たな一年が本格化する。早速始まった講義では、エーレンフェストの二年生の「全員一発合格」を目指したり、図書委員の仲間探しに奔走!昨年以上に次々と騒動を巻き起こす中、院内の教師や上位領地の領主候補生、中央の第三王子とも接触が増え、領地間の均衡に目を配る保護者の頭を悩ませる。だが、我が道を突き進むローゼマインは止まらない!夢中で駆け抜けながら、エーレンフェストの採集場所に出現した魔獣ターニスベファレンの討伐に挑むのだった。本当は読書したいだけなのに、厄介事が止まらないビブリア・ファンタジー最新刊!書き下ろしSS×2本、椎名優描き下ろし「四コマ漫画」収録!

【著者紹介】
香月美夜 : 『本好きの下剋上―司書になるためには手段を選んでいられません』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    進級式と親睦会を終えた貴族院で、ローゼマインの新たな一年が本格化。早速始まった講義ではエーレンフェスト二年生の「全員一発合格」を目指し、図書委員の仲間探しに奔走する第四部第六弾。講義の一発合格を目指す二年生と今年の一年生との違いを描きながら、神具を作って神事をやってみせたり、図書委員の仲間を増やしていく過程で、またもや期せずして出来てしまう王族との新たな関わり。採集場所に出現した魔獣討伐に挑むことになったり、ローゼマイン自身にはそんな気なくても、周囲の方も大変というかこれは成長せざるをえないですね(苦笑)

  • はる さん

    なんか凄い事になってる。次々何かをやらかすローゼマインに、その事で頭を抱える保護者達。しかも、なにやらローゼマインの影で何かが起こっている様子。次はどんな事が起こって、どんな風に解決へと導いていくのか楽しみです。でも、何をおいても良かったのは、図書委員が増えた事、そして宮殿の図書館に行けるかもしれないって事ですね。私だって倒れないかもしれないけど、興奮しますもん。

  • assam2005 さん

    図書委員勢揃い。徐々に夢が叶いつつあるローゼマインの図書館。本がない日常から、図書委員発足。よくここまでたどり着いたなぁと、今さらながらしみじみと。常識にとらわれることなく、自分の思う未来に向かい、時には自分の目的のために、自分の常識とは違う、周りの常識に沿いながら突き進む。そんなローゼマインに感化され、周りまでもが柔軟な、そしてアクロバットな思考をし始めるのは不思議。「平穏」って「普通」ってこと。ローゼマインに「普通」を求めたらエーレンフェストの成長はないよなぁ。「バクダン娘」とは言い得て妙。

  • 瀧ながれ さん

    ローゼマインさまは相変わらずの絶好調なので、こうなるとそれによって引き上げられた側仕えや護衛たちの成長に目が向きます。どんどんレベルアップしていくトラブルに、間違いないように対応していく彼らが頼もしい、お疲れさま。がんばれシャルロッテさま、がんばれハルトムートくん。それぞれのエピソードがおもしろかったけど、その集大成であるエピローグの、各々の報告書の個性と、保護者たちがアタマを抱える様子が、不謹慎ながら楽しかったです。がんばれみんな(笑)。そしてまた、大きなトラブルの予感。がんばれローゼマインさま。

  • すがはら さん

    やっと貴族院の話が再開したと思ったのに、もう強制帰還ですか。また王族から気に入られちゃうし、現代の感覚なら立身出世か玉の輿かって感じなんだけど、身分制度がガチガチの時代だとむしろ遠慮したい関係なのですね。ローゼマインがハイスペックぶりを見せつけたことで変な勘繰りを受けちゃって、この先が心配です。原理主義者団体もいるみたいだし、巻き込まれそう。ローゼマインが本人もよく分かっていないまなに蹴散らしてくれそうではありますが。図書館の「じじさま」に早く会いたいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

香月美夜

『本好きの下剋上―司書になるためには手段を選んでいられません』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品