本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜第二部 神殿の巫女見習い II

香月美夜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784864724470
ISBN 10 : 4864724474
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
413p;19

内容詳細

青色巫女見習いとして、忙しい毎日を送るマインに朗報が届く。母親が妊娠したのだ。生まれてくる赤ん坊への贈り物として、絵本作りを開始する。一方、神殿内では慣れないことばかりで、自由に動けない。巫女としての教養を身につけさせられたり、新しい側仕えの管理に追われたり…。孤児院長しての仕事も山積みだ。相変わらずの虚弱な体も何のその、本への愛情を武器に全力疾走を続けるマインが、念願の一冊を手にする時、貴族世界への扉が開き、物語は急展開へ突入してゆく!近付く冬を前に、風雲急を告げるビブリア・ファンタジー!書き下ろし番外編×2本収録!

【著者紹介】
香月美夜 : 『本好きの下剋上―司書になるためには手段を選んでいられません』でデビュー。『みんなの図書館』でエッセイを隔月で連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • すがはら さん

    凄い勢いで話が進んでいます。この出し惜しみのなさがまた凄い。今回は、シンデレラのお話に的確なダメ出しを連発してくれた神官長が良かったです。後半でマインの記憶と感情に振り回されながらも、冷静な分析を続けるところも素敵でした。この方がこんなに面白いキャラになるとは!オットーさんが出なくなった分を補って余りある感じです。マインの爆走はまだまだ続きそうで嬉しいです。

  • みやこ さん

    念願の手作り本の完成までの過程を主軸に展開していく本巻。楽しそうに、一生懸命に作業に勤しむ面々の姿以外にも、貴族社会にはびこる差別意識や魔力に関する諸々が語られていく。平民には生き辛そうな世界だわ。転生した世界で裏表なく振る舞うマインのことをうかつだ考えなしだって言うけど、マインが異端であるならなおのこと、神官長も彼女の魔力がどのくらいなのか、事前に試すぐらいはしておいてもよかったと思うよ。静的に進行してきた物語が一気に動的に転じた終盤。ぐっと引きこまれたままのラストシーン。こっちも同調して泣けるわ。→

  • まりも さん

    読書狂な虚弱体質の少女が、大好きな本を読めるようになる為に奮闘するビブリアファンタジーの5冊目。生まれてくる妹の為に、マインが絵本作りに挑戦する話。遂に念願だった自分の本が完成しましたね。これまでマインがどれだけ苦労してきたかを知っているだけに、本の完成はとても嬉しく感慨深いものがありました。それ以外にも冬支度や神官長と共に儀式の為に出かけたり、マインの秘密を知る人物が一人増えたりと色々見どころが多かったので非常に良かった。貴族たちに目を付けられたっぽいけど、果たしてどうなるのか。次巻も楽しみです。

  • よっち さん

    母親が妊娠し生まれてくる赤ん坊への贈り物として絵本作りを開始するマイン。新しい側仕えの管理に追われたり、巫女としての教養を身につけたりしながら冬支度も進める多忙な第五弾。文章はやや冗長な感がありましたが、ついに絵本を作るところまで来たのかと、これまでの苦難を思うと感慨深かったです。身近な人中心の展開から孤児院のことや新しい側仕え、これまであまり付き合いの無かった人たちと関わる難しさも出てきて、マインの背景を知った神官長の存在が今後のカギになりそうですね。巻末エピソードもなかなか良かったです。次巻にも期待。

  • まるぼろ さん

    マインの傍仕えにロジーナとヴィルマも加わり、神殿と孤児院での暮らしも賑やかになってきた今巻は、遂にマインが本を完成させるお話です。ガリ版とか自分も小学校での校内新聞作りで使ってた思い出があるので懐かしく感じました…w その後の懐具合が寂しくなるものの孤児院での冬支度を終え、順調に思えたマインですが、この世界での貴族と平民との差と扱いが如実に現れる事件が勃発し…。神殿長の悪巧みもあったにせよ、平民の扱いに嫌気が差してくるような話でした。エピローグでのかつての生活と母親への謝罪に涙するマインには→

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

香月美夜

『本好きの下剋上―司書になるためには手段を選んでいられません』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

香月美夜に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド