地獄堂霊界通信 8 講談社文庫

香月日輪

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062936460
ISBN 10 : 4062936461
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
追加情報
:
352p;15

内容詳細

謎の生命体「幸福」が天界から逃げ出した。てつし・リョーチン・椎名の三人は、術師に導かれ、解決に乗り出す。しかし彼らは「幸福」の幻術にかかり、すべてが満たされた気分になる。その先にあるのは、進歩をなくした人類の滅亡だ。妖かしどもと渡り合い、悩み成長してきた少年たちの物語。ついにシリーズ完結。

【著者紹介】
香月日輪 : 和歌山県生まれ。『ワルガキ、幽霊にびびる!』(日本児童文学者協会新人賞受賞)で作家デビュー。『妖怪アパートの幽雅な日常1』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。2014年12月永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カピバラ さん

    完結してほしくないシリーズが完結。作者が生きていてくれたら、続編がでたのでは…。幸せは残酷でもあります。椎名の幸福のシーンは、闇が深いぞ(・∀・)

  • calina さん

    ああ、終わってしまった。 大好きなシリーズも、ここでおしまい。 香月先生がご存命だったら、サードシーズンもあったかもしれないけれど、、、 今回の敵の中では「幸福」が実に厄介。 椎名のもの想いが切ない。まだほんの小学生なのに。物語が続いたら、そこにも何か進展が見られたかもしれないのにね。ヴァレンタイン卿も、実に魅力的だった。 とにかく、3人も、みんなも、元気でやっていると信じよう。

  • 月狐 さん

    なにやら椎名が頭ひとつ?ふたつ?飛び抜けて力使いこなしてる?頭いいからかな?それでも三人は一緒なんだよね。「浮き」も「そこにいる ずっといる」もせつなすぎ。「幸福」はなんともいえん。ところで地獄堂はこれで終わり?まだ文庫化あるのかな?

  • カゲツナ さん

    シリーズ完結。「幸福という名の怪物」は深い。幸福か。確かに幸福とは怪物なのかもしれない。もちろん、しあわせになりたいけど。「浮き」の話は切なさが。「そこにいる ずっといる」は悲しくて切なくて胸にグッとくる。これで終わりか。寂しいな。

  • まさ公 さん

    妖精界とか異次元にまで進出して、三人もどんどん成長してきて、まだまだ読みたかったシリーズです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

香月日輪

和歌山県生まれ。『ワルガキ、幽霊にびびる!』(日本児童文学者協会新人賞受賞)で作家デビュー。『妖怪アパートの幽雅な日常1』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。2014年12月永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品