地獄堂霊界通信 5 講談社文庫

香月日輪

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062934589
ISBN 10 : 4062934582
フォーマット
出版社
発行年月
2016年07月
日本
追加情報
:
333p;15

内容詳細

地獄堂の四畳間で、てつしが偶然手に取った「見てはいけない本」。怖ろしい妖怪の姿が描かれたその画集は、どうやら伝説の大魔道士ゴールデン・アイズの持ち物らしい。なぜ、こんな画集をあの「おやじ」が持っているんだ?異能の者との非日常的な交流を通して、小さな霊能力者・三人悪はまっすぐに成長していく。

【著者紹介】
香月日輪 : 和歌山県生まれ。『ワルガキ、幽霊にびびる!』(日本児童文学者協会新人賞受賞)で作家デビュー。『妖怪アパートの幽雅な日常1』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。2014年12月永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カピバラ さん

    リメイク版をいそいそと購入・再読しているシリーズ。地獄堂霊界通信最高ですな!死神との対決は子どもの頃読んで怖かったなあ〜としみじみ思い出されました。決戦を前にそれぞれがそれぞれの形で家族に別れを覚悟するシーンにも泣けました。気になるのは、あとがき!続編でるの!?どうなの!?

  • てんつく さん

    ゴールデン・アイズの正体って、多分…。みんな無事で良かったね。意外と弟思いの竜也兄がツボです。

  • calina さん

    てつしたちのまっすぐな勇気に何度心を打たれたことか。 宿敵との決戦も終わり、それぞれの家族の元へ。 その様子がいかにも「らしく」って嬉しくて泣きそうになる。 このまま、セカンドシーズンに突入! で、ゴールデン・アイズって、まさかのあの人?

  • カゲツナ さん

    三人悪、キタァー!! 直接感情を感じてしまう隆海の話もよかったけど、最後の戦いは迫力あって興奮した。大魔導士だの大天使ルシフェルだの登場して凄かった。 これで第一部完結か。早く第二部読みたい。

  • まさ公 さん

    「おやじ」ったら、そうなのー!ゴールデンアイズに蒼龍に天使召喚と大盤振る舞いな話しでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

香月日輪

和歌山県生まれ。『ワルガキ、幽霊にびびる!』(日本児童文学者協会新人賞受賞)で作家デビュー。『妖怪アパートの幽雅な日常1』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。2014年12月永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品