先生と僕 夏目漱石を囲む人々青春篇 河出文庫

香日ゆら

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416496
ISBN 10 : 4309416497
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
追加情報
:
240p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 瀧ながれ さん

    コミック既読。再編集ということで、知ってるエピソードも並びを変えて新鮮に読めた。夏目漱石のまわりには個性豊かな人たちが集ったのだなあと、感心すると共に、その記録がいくつもの視点できちんと残っていることに戦く。この巻では、正岡子規との交流がひとつの大きな柱になっていて、夏目先生が京都行きの車内で亡き子規を思い出す場面にほろりときた。ほかには、中村是公氏の豪快な言動が好きで、この文庫でも堪能しました。夏目漱石の作家活動の姿勢も、なんか自由で楽しくて、作品の雰囲気の心地よさはそのせいかと思います。

  • たろさ さん

    なんとなく苦手な気がしてほとんど読まなかった夏目漱石だけど作品より人物についての描写が多く面白かった。四コマで読みやすく苦手意識も薄らいだので『吾輩は猫である』から読んでみようかと思う。

  • ひるあんどん さん

    正岡子規他友人たちとの友情が素敵。夏目漱石の本は学生時代に何冊か読んだけどさっぱり面白さがわからず・・・、朝日新聞再掲載も読んだけどやっぱり響かず・・、でもこの本を読んだらもう一度夏目漱石に挑戦したくなりました。読んでない作品を読んでみよう。「作家編」も読むのが楽しみです。

  • まこ さん

    この言葉が浮かんだ「マンガでわかる夏目漱石」。漱石先生の人柄や作品の裏話とかちょっとくすり。青春篇だけど結婚後の話もあるよ。

  • bvbo さん

    「夏目漱石を囲む人々」ということで、夏目漱石と友人門下生達のはなし。4コマ漫画でわかりやすかった。正岡子規との別れにはしんみりしてしまった…。夏目漱石読んでみようかな…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

香日ゆら

青森県生まれ。漫画家。NHK大河ドラマ「いだてん」で明治ことば助言を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品