香山美子 / 柿本幸造

人物・団体ページへ

どうぞのいす

香山美子 / 柿本幸造

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784893252500
ISBN 10 : 489325250X
フォーマット
発行年月
1981年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25cm,32p

商品説明

うさぎくんが椅子を作りました。そして、「どうぞのいす」の看板をそばに立てました。ある日、ろばさんが椅子にドングリを置いておくと・・・。
思いやりの心をはぐくむロングセラー。(4・5さいから)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • momogaga さん

    【大人こそ絵本を】感謝の連鎖という言葉が浮かびました。次の人の事を思いやる気持ちともいえます。教えられることの多い絵本です。

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房 さん

    うさぎさんが作った『どうぞのいす』。ひと休みしたい人のために大きな木の下に置きました。そこに通りかかったろばさんは、どんぐりをいっぱい拾って家に帰る途中。重い荷物をいすに乗せて、木かげでちょっとひと休み……のつもりがぐっすり眠ってしまいます。そこに通りかかったのは……。森の生きものたちの善意が微笑ましい絵本。Give & Takeというとビジネスライクに聞こえるかもしれないけど「あとのひと」のことを考えてShareする気持ちを忘れてしまってないかな、と少し反省。(*ノω・*)テヘ 1981年11月初版。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    かわいらしくてドキドキはらはらしてとてもいいと思います。低学年の読み聞かせにいいと思います。くりとどんぐりの違いが分かる子の方が楽しめますね。

  • Natsuki さん

    見えない誰かへの優しさがたくさん詰まった絵本♪うさぎさんが作って丘の上に置いた「どうぞのいす」。そこへやってきた動物たちが繰り広げるどうぞのリレーに、自然と笑顔がこぼれ出す(*^^*)絵もお話もとっても素敵☆うさぎさんが思い描いていた「どうぞ」ではなかったかもしれないけれど、気持ちはちゃんと伝わってるね。うさぎさんのしるしに敢えて触れないところもまた、お互いに見えない誰かのままにしたかったのかな。

  • あすなろ さん

    【育児】81年出版。可愛らしい絵本版のわらしべ長者&優しさ表した絵本という感じかな。こういう考えを持つ子に育って欲しいと思うが、このパターン、結構絵本に多いですね。それだけオトナ達はこういう理想の子像を多く持っている証左だろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド