私はのんびり生きてきた。 最適化社会が不幸を生む

香山リカ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594063986
ISBN 10 : 4594063985
フォーマット
出版社
発行年月
2011年04月
日本
追加情報
:
19cm,191p

内容詳細

なんでも急いで、なんでも得をしてという最適化、効率化社会の果てに何があるのか。人生はムダばかりだし、ひとりぼっちでも大丈夫。もっとゆるくいこう…。女医が教える「本当に楽しい生き方」。

【著者紹介】
香山リカ : 1960年、北海道札幌市生まれ。精神科医。立教大学現代心理学部映像身体学科教授。東京医科大学医学部卒業ののち、豊富な臨床経験を活かし、現代人の心の問題のほか、政治・社会批評、文化評論、書評などの幅広いジャンルで活躍。プロレス、ゲームなどサブカルチャーにも造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • だいすけ さん

    海外でベストセラーになったら、世の中の流れが変わったりして。やることやるけど、のんびり生きる。ブログに感想を書きました。

  • f さん

    著者は、うつ病の増加は最適化社会が生んだ弊害だと言っている。のんびりしたがり屋だが周囲に振り回されがちな私にとっては「だよねー、うん、うん」と頷きたくなることばかりだ。やっぱりね、頑張るところは頑張って、手を抜くところは抜いて、メリハリつけなきゃ。なぁなぁでもいいじゃない! 語り口も軽快で、読みやすい本だった。

  • えがお さん

    一世風靡した反勝間和代本:しがみつかない生き方と同趣旨本。私はこんなにゆるく生きてきた。だけどまあ今日こうして今日がある。だからアナタもそんなに頑張らなくていいよという本。現に精神科医しながらこうして売れっ子作家し、大学教授までこなしている著者の言葉どこまで真に受けるべきなのか迷うところだが笑、著者が日常的に診察されてる頑張りすぎウツの人には響きそう。著者自身おそらくそんな人向けに書いた、精神科医なりのエールなのだろう。

  • しげ さん

    「ダイエット中だけど、おせんべいもう一枚食べちゃおう」とか「5時に起きて勉強する習慣をつけようと思ったけど、一週間で挫折しちゃった」とか、そういったストイックとは真逆の「ゆるさ」は、とても人間くさくてチャーミングな気がします。みんながみんな、ストイックに生きなければならないわけでも、ゆるく生きなければならないわけでもない。自分自身に合ったペースを保つことが、無理なく楽しく生きるコツなのではないかと感じました。

  • もやし茶@人生迷子 さん

    副題にもあるように「最適化社会」や「頑張りすぎな人」に対して、もっとゆるく生きましょうよと提案する内容。しかし、この本で一番印象に残ったのはあとがきの部分。それは戦争中の世の中を生き抜いた「エリート高齢者」の話。現代の脆弱な若者はとても叶わないほど優秀な高齢者の方が、真に最適化社会を支えているのではないか、という話であった。若者にも高齢者にも優しくない世の中になってきたと感じる今日この頃、高齢化社会にぐちぐち文句を言うのではなく、そんな世の中でもゆるりと生きられたらいいなあと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

香山リカ

1960年北海道生まれ。東京医科大学卒業。精神科医。立教大学現代心理学部教授

プロフィール詳細へ

香山リカに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品