家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理

香取薫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309283203
ISBN 10 : 4309283209
フォーマット
出版社
発行年月
2012年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
79p 26cm(B5)

内容詳細

かつてはセイロンと呼ばれ、紅茶の産地として親しまれているスリランカ。ココナッツや豊富な野菜類に加え、薬効のあるハーブとスパイスを多用するレシピはまさに薬食同源。アーユルヴェーダの知恵が日常に息づいていることを感じさせます。しかも米を主食とし、日本の鰹節とそっくりのモルディブフィッシュを旨味として使うので、日本人にもなじみやすい味わいです。材料さえそろえれば作り方は、煮るだけ、炒めるだけ、あえるだけ、といたってシンプル。インド料理、スパイス料理に精通した著者が、スリランカの本場の味を、日本でもおいしく再現できるように研究した日本初のレシピ本です。

目次 : 1章 はじめてのスリランカ料理/ 2章 肉と魚介のカレーとおかず/ 3章 野菜たっぷりのカレーとおかず/ 4章 スパイスの香り高いサイドディッシュ/ 5章 カレーに合うご飯とパン/ 6章 あとひくおいしさ、スナック&スイーツ

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アズル さん

    インドの近所だから、スリランカのカレーも似たようなものかな、と思ってたら、結構違いますね。ココナツのミルクやオイルを多用しています。味の想像は今のところ全くできません(笑)。

  • ラルル さん

    スリランカ料理の本ってこれが日本初だそうです。どの料理も凄く美味しそう。先日私が作った玉ねぎのチャツネってもしかしてスリランカのシーニサンボーラだったのかな?(インド料理屋で初めて食べて美味しかったので真似して作ってみた)。日本では聞きなれないスパイスが出てきますが、代用出来るものが書いてあるので助かります。にしてもココナッツの使用率ハンパ無いです。殆どの料理に入ってる勢い。ミルク代わり、油代わりに使うのでガンガン出てきます。

  • アズル さん

    再読。レシピを再現できそうにないです(笑)。カレーリーフもランぺも普通のスーパーではまだまだ売っていないですしね…。スリランカ料理のレストランに行って、実際食べてみたいです。

  • べっちー さん

    お気に入りのスリランカカレー屋に出会ったので興味を持って読んでみた。読み物としても面白いがレシピとしては材料入手のハードルが高い!アレンジするヒントはたくさんいただきました。

  • ぶたのぷーたろう さん

    自分で作るにはハードルが高いけど、レシピを眺めているのはおもしろい。 何年も前に昼過ぎのワイドショーで、ズームイン朝の人気者だったウィッキーさんのお宅訪問をやっていた。ウィッキーさんはスリランカ人。トマトと玉ねぎの水分だけで作るチキンカレーを紹介していた。鶏のもも肉をヨーグルト漬けにして柔らかくし、それを漬け汁ごとカレーに入れて煮込むのがポイントと言っていたな。夫と子どもは普通のカレーライスが好きなので、残念ながらまだ試していない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品