眠れない凶四郎 耳袋秘帖 3 文春文庫

風野真知雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167913311
ISBN 10 : 4167913313
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
221p;16

内容詳細

妻を池の端の出合い茶屋で惨殺された同心・凶四郎は不眠症となり、夜回り同心として江戸の町を見守っている。「武家屋敷に化け猫が出た」「神社の石灯籠が動く!?」―江戸の夜は意外と賑やかだ。一方妻の実家の主が蝦夷地の交易に密かに手を染めているらしいと判明した。果たして妻が殺された真相に迫ることが出来るのか!

【著者紹介】
風野真知雄 : 1951年、福島県生まれ。立教大学法学部卒。93年、『黒牛と妖怪』で第17回歴史文学賞を受賞。2002年に、第1回北東文芸賞を受賞。15年に「耳袋秘帖」シリーズで、第4回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。15年『沙羅沙羅越え』で第21回中山義秀文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 旅するランナー さん

    シリーズ3作目。愛猫家の南町奉行根岸肥前守と猫学者超雲斎による、猫の語彙帳談義が印象に残ります。猫は化けたりしないし、人が見ていないものも見ています。きっと人間の悪行も猫にはお見通しなんでしょう。にやぁおう。主人公凶四郎も妻の仇を討って一段落。まだ続くのかなぁ。シリーズものを沢山抱える風野先生だけに猫の手も借りたい気分でしょう。

  • 真理そら さん

    凶四郎の妻の死の問題も決着したし、シリーズが続くならどういう方向に進むのだろう。

  • Hugo Grove さん

    読了

  • まこ さん

    根岸さんが考える「悪はほどほどに裁こう」「悪事交わることも必要」は人生経験を積まないと理解できない。それが理解できない若さゆえの犯行と一言で言ったら軽すぎる結末。救いといえるのが新婚ほやほやなドクロ夫妻の回想描写。眠れない1巻と比べて根岸さんの出番が増えてきて作者の試行錯誤を感じる

  • コブタ さん

    根岸奉行の「ほどほど」が事件解決後に沁みる。何事もほどほどにしておかないと良からぬ事をしてしまう。このシリーズ、スピンオフとして続けて欲しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

風野真知雄

1951年、福島県生まれ。93年『黒牛と妖怪』で第一七回歴史文学賞を受賞。時代・歴史・ミステリなど、多岐の分野で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品