頭脳警察
チケット受付中

頭脳警察 プロフィール

頭脳警察 | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

頭脳警察(ずのうけいさつ)は、日本のロックバンド。

概要

共産主義的な革命運動が激化する時代のさなかにレコードデビュー。政治的に過激な歌詞とラディカルなライブパフォーマンスによって、発禁や放送禁止、コンサート会場への出入り禁止など、活動初期に数々の「伝説」を残す。

実際はその一人歩きしたイメージとは裏腹に、オールドテイストなロックンロールやバラード、フォークなどを種種雑多に取り入れた実直な日本語ロックを志向しており、トシが離脱していた時期のソフィスティケートされた音楽性やパンタによる文学的・知的な歌詞と幅広い表現力の歌唱はアピアランス以外においても異彩を放った。

来歴

  • 1970年 - パンタ(中村治雄)、トシ(石塚俊明)で結成。「ダサくてもいいからオリジナリティに満ち、自信をもって人前で演奏できる」ことを目指す。
  • 名前の由来はフランク・ザッパの「頭脳警察ってのはどいつらなんだよ? (原題:Who Are The Brain Police?)」(『フリーク・アウト!』収録)という曲からとられたもの。
  • 政治的に過激な歌詞により、1972年のファーストアルバム『頭脳警察1』は発売中止(ちなみにジャケットは3億円事件犯人のモンタージュ)、『頭脳警察セカンド』の中の3曲は放送禁止になった。この頃コンサート会場では赤軍派によるアジテート演説が行われるなど、反体制バンドと呼ばれていた。
  • 1975年 - 解散。パンタはソロを経てPANTA & HAL、トシは奇矯やトシ・ライブ・バンド・シノラマなどで活動。
  • 1990年 - 1年間だけ再結成。復活作『頭脳警察7』にはマルコシアス・バンプやザ・グルーヴァーズなど豪華ゲスト陣が参加。翌年の『歓喜の歌』にもコーラスで荻野目洋子などの名前がクレジットされている。旧作『セカンド』から『悪たれ小僧』までがCDで再発。

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%