気が合う女友だちは三千里たずねなくてもいる BAMBOO ESSAY SELECTION

青沼貴子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784801913844
ISBN 10 : 4801913849
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
追加情報
:
144p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • itoko♪ さん

    育児真っ只中の当時ハマった『ママはぽよぽよザウルスがお好き』の著者の新刊。著者の青沼さんは、マメな方だなぁと思う。私なんか、子ども達が小さい頃幼稚園で知り合ったママ友さんとはすっかり没交渉だし。一人でいる時間は好きだし気楽なんだけど、たまには女友だちに愚痴を聞いてもらったり、相談に乗ってもらいたい。そういう関係を維持するのならマメに連絡取り合わないてダメなんだなぁ、と痛感。(もう遅い…)ご近所ママ友集団 板橋マダムスや、娘のアンちゃん(もう社会人!)などの近況も分かって、ママぽよファンにはたまらなかった。

  • のりすけ さん

    ど…どうしよう。こんなに一生懸命努力しないと友達ができないなら、もうメンドクサイし、今いるお友達(少数精鋭)を大事にしてこれ以上人間関係広げなくてもええんちゃうん?と思う自分がいる。青沼ママンのいうとおり、薄い関係が善きよ。

  • Hibari さん

    まぁコミュ力の問題かなw

  • はぐぼんぼん さん

    転勤であちこち行って大阪も、もう10年目。友達は今いる子たちでいいわぁ〜〜って思っていたけど、 青沼さんの「面白い人がいたら友達になりたい」の 情熱はすごいと思った。 そうだよね。友達っていろんな人がいて、新しい人と知り合うとまた、自分の価値観が広がって楽しいよね。 私も友達アンテナたてなきゃ。 元気が出る一冊です。

  • たあこ さん

    『ママはぽよぽよザウルスがお好き』が好きだったので予約。友だちづくりのコツとか青沼節で書かれてた。私も知らない人と話して仲良くなりたいなーとこっちから話しかけるタイプだが…色々つきあってるうちにめんどーになってくると、ついついリセットしたくなる。ので…長続きしない。案外遠く離れた友だちとのゆるやかな付き合いがちょうどいい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

青沼貴子

北海道生まれ。かわいくもやんちゃな子どもたち(=ぽよぽよザウルス)に振り回される日々をつづった育児コミックエッセイ『ママはぽよぽよザウルスがお好き』で圧倒的共感と爆笑を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品