日航123便墜落の波紋 そして法廷へ

青山透子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309028125
ISBN 10 : 4309028128
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
205p;20

内容詳細

御巣鷹の尾根に墜落した日航ジャンボ機は、22名の外国人被害者のみならず、また別に英国人女性遺族の運命をも翻弄した。その後の人生を狂わせられた彼女を訪ねて著者はイギリスへ―。彼女との出会いを含めて「情報公開」の方向から、新たなる真相解明に向けて、法廷への道を一歩踏み出す。最新ノンフィクション。

目次 : はじめに 波のうねり/ 第1章 「外国人」遺族(消された存在/ SAKURA ほか)/ 第2章 隠蔽の法則(英国人ネットワーク/ 政治的干渉という妨害 ほか)/ 第3章 情報公開への道(執念と信念/ 保存が原則―公文書への認識 ほか)/ おわりに 次世代へ(公文書は未来のための記録/ 世界の輪)

【著者紹介】
青山透子 : ノンフィクション作家。東京大学大学院博士課程修了、博士号取得。日本航空国際線客室乗務員として国内線時代に事故機のクルーと同じグループで乗務。その後、官公庁、各種企業、大学等で人材教育に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とくけんちょ さん

    これは一体??供述、証拠品ときて、ついに裁判かと副題をみて想像していました。まさかの肩透かし。いやぁ、自分の中では、少しづつ気持ちが盛り上がってきていただけに残念。ここから先の一歩こそがネットやなんかに蔓延る妙ちくりんなネタとは一線を画すと思っていたのに。これで、本当に終わりなのか。

  • Hiroki Nishizumi さん

    当事者にとって不都合であっても事実は事実として公開されるべきだと感じた。ただ今回の副題はあまり適切とは思えなかった。

  • Great Eagle さん

    著者2冊目の本を読みました。法廷の場などで情報公開に持ち込むための協力者や国際的な常識で対応していくことで、うやむやは許さないという強いメッセージがあります。陰ながら動向には留意しながら推移を見ていきたいと思います。

  • 豊平川散歩 さん

    解決に近づく感じがしない事件。未解決というのではなく、見えない強大な圧力の元、解決する術を閉ざしているのだから当たり前といえる。被害者とその遺族からすれば、当然に納得がいかない。とことん真実を究明してほしいが、著者の本を読んできたが、今回のは行き詰まった感がある。これ以上は無理かもしれない。

  • ちゆきち さん

    国土交通省も日本航空も、何か隠してるな!つじつまのあわないことがこれだけ出てきてるので、もう隠すのやめたらいいよ。多分、誰か偉い人が下々の者に口封じしてるのでしょう?日本人って、なにやっても同じだな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』 働き過ぎ、結婚難、など男性ゆえに抱える問題、「男性学」の視点から、多くの若者が抱える悩みや生きづらさを解きほぐします... |2016年03月04日 (金) 17:00
    田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実
  • 京都ぎらい 生粋の京都育ち京都在住の著者だから言える、「こんなん書いてええのんか?」的衝撃の新京都論。ロングセラーです。 |2016年03月03日 (木) 13:50
    京都ぎらい
  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?

おすすめの商品