CD

KARATEKA

電気グルーヴ

基本情報

カタログNo
:
KSC218
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

音楽のスタイルなんて関係ないねっていう気分を最も軽快なステップでリアルに形にしている電気グルーヴの3作目が早くも登場。情けないほど風俗的、かつ哲学的な(?)作り物として提供される“顔の見え過ぎるテクノ”という逆転の構図がおもしろい。(岳)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. スネークフィンガー
  • 02. Twist of The World
  • 03. ザ・ケルトマン
  • 04. 人事をつくさず天命を待つ
  • 05. ドカベン
  • 06. Hi-Score
  • 07. デマリンピック
  • 08. March
  • 09. KARATEKA
  • 10. Let's Go 無間地獄
  • 11. DS Massive

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
marchは素晴らしすぎないか!切なすぎる!...

投稿日:2007/02/24 (土)

marchは素晴らしすぎないか!切なすぎる!ヘナチョコな表情でお別れしよう!

トリコ さん | 宝塚 | 不明

0
★
★
★
★
★
初めて買った電気グルーヴのアルバム。んでも...

投稿日:2006/06/09 (金)

初めて買った電気グルーヴのアルバム。んでもって、一番聴いたアルバム。卓球の声&唄いかた好きなんで、じゃんじゃん唄って欲しいです。

コンソメパンチ さん | 沖縄県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
聴いてると、悩んでいる事が馬鹿らしくなっ...

投稿日:2003/04/08 (火)

聴いてると、悩んでいる事が馬鹿らしくなってくる。癒されるアルバム

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

電気グルーヴ

1989年、石野卓球とピエール瀧を中心に電気グルーヴ結成。1991年、「Flash Papa」でキュ−ンソニーよりデビュー。同年5月、CMJK脱退表明、ピエール瀧「瀧勝」としてデビュー。6月、日本武道館ライヴにて砂原良徳が正式加入。1999年4月、まりん脱退表明。2001年7/25、デビュー10周年を迎え、セルフトリビュート盤「Last Supper」リリース。

プロフィール詳細へ

電気グルーヴに関連するトピックス

クラブ/テクノ に関連する商品情報

おすすめの商品