雫井脩介 レビュー一覧

雫井脩介 | レビュー一覧 | 【HMV&BOOKS online】は、本・雑誌・コミックなどを取り扱う国内最大級のECサイトです!雫井脩介に関する最新情報・アイテムが満載。CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズは、コンビニ受け取り送料無料!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!雫井脩介ならHMV&BOOKS online!!

商品ユーザーレビュー

9件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 映画の舞台挨拶のイメージが強すぎるが、是非作品を読...

    投稿日:2021/04/19

    映画の舞台挨拶のイメージが強すぎるが、是非作品を読んでみてほしい。先生の人柄に惹かれつつ、感動してしまうと思う。ノートに視点が置かれて物語が進んでいくのは新鮮で面白い。

    サルバトーレビアンキ さん

    0
  • そのスピード感と迫力が圧巻で、ラストに向け巻島が犯...

    投稿日:2021/04/16

    そのスピード感と迫力が圧巻で、ラストに向け巻島が犯人を追い詰めていくシーンはもう鳥肌ものです。 なるほど映画化もされるだろうなという劇的なストーリー展開はお見事。 面白い作品だと自信を持ってお勧め出来ます。

    aozo さん

    0
  • この本はミステリーと言うよりは恋愛小説と思った方が...

    投稿日:2021/04/12

    この本はミステリーと言うよりは恋愛小説と思った方がいいかもしれません。 最後に作者のあとがきを読んで”なるほど、だからこんな柔らかいストーリーなんだ”と納得しましたが・・・。 そのような伏線もあり現代的な話の割には昔のヒット曲「案山子」が出てきたりしたのでしょうね。なかなか意味深な作品です。

    aozo さん

    0
  • この本に出てくる自己中心的な考えの人はいくらでもい...

    投稿日:2021/04/11

    この本に出てくる自己中心的な考えの人はいくらでもいるのではないでしょうか? そしてこのストーリーに背筋が寒くなると同時に人間にとって何が大切なのか 精神面を鍛える必要があると改めて痛感しました。おすすめです。

    aozo さん

    0
  • ひょっとして、最初から作者に騙されているのか、とい...

    投稿日:2021/04/10

    ひょっとして、最初から作者に騙されているのか、という気がしていました。 例えるなら、横溝正史先生の「夜歩く」(金田一耕助シリーズ) とか乾くるみ先生の「イニシエーション・ラブ」のような。 また、早いペースで読み進むことができ、おもしろかったとは思うのです。 しかし、大変後味の悪いお話でした。 個人的にはかなり残念なお話でした。

    WM-102 さん

    0
  • 家族の心情が細やかによく表現できています。頷ける部...

    投稿日:2021/04/10

    家族の心情が細やかによく表現できています。頷ける部分もあり素直に同感できる部分が多いです。そしてわかりやすくすらすら読める点も気に入っています。ただ、ラストは予想の範囲内だったのでもう少し意外性が欲しかったです。

    aozo さん

    1
  • こういう人物が本当に実在したら怖いと思います。物語...

    投稿日:2012/10/01

    こういう人物が本当に実在したら怖いと思います。物語は終始ハラハラドキドキの展開で、手に汗握りながらラストまで一気に読めます。ここまで盛り上げて最後が・・・

    活字中毒 さん

    0
  • ありきたりな話しの内容であるが、読者の内面をグッと...

    投稿日:2012/10/01

    ありきたりな話しの内容であるが、読者の内面をグッとさせる筆力で終始涙が溢れました。久々に泣ける本に出会いました。小学生高学年に読ませたい本です。子供に本の素晴らしさを伝えられる作品です。

    活字中毒 さん |40代

    0
  • 「犯人に告ぐ」でミステリー界に旋風を巻き起こした雫...

    投稿日:2010/01/13

    「犯人に告ぐ」でミステリー界に旋風を巻き起こした雫井さんですが、その後正直ぱっとした作品がありません。「犯罪小説家」位でしょうか・・・。今回の「殺気!」も正直ぱっとしません。 ある事件をきっかけにさっきを察知する能力が付いた。という説明も、実は生まれながら持っていた。という、おぃおぃという展開や、登場人物の紹介が雑で全く感情移入できなかったり、内容に対する緊迫感が弱いので最後までダラダラと同じテンポで進み、そのまま終わります。終わり方も無理やり感があるので納得しにくいです。 ミステリーを読み込んでいる方は消化不良で終わりでしょう。逆に、ミステリー導入書としては当たり障り無くて良いかもしれません。 「雫井ミステリーの新天地!」という帯ですが、これが雫井さんの新天地というならがっかりです。

    メタリック さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%