すてないひと 好きなものは、日々使う

雅姫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838730162
ISBN 10 : 4838730160
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
追加情報
:
128p;23

内容詳細

使い込む、手入れする、アップデートする。長く使えるのが私の好きなもの。「衣食住」使い方を工夫して、お気に入りはいつもそばに。
世の中がシンプル&ミニマムに向かい、断捨離もすっかり定着した昨今ですが、捨てないで長く付き合うことで見えてくる「ものと人」との関係性やストーリーも、とても素敵だったりします。
大好きなものが、ずっとブレない雅姫さん。日々の暮らしのなか、雅姫さんはどのように「もの」と向き合っているのでしょうか?
お気に入りのもの、長く使い続けている定番、手入れをしながら愛用しているものなど、アイテムを起点にして、雅姫さん流の「使いかたアレンジ」を紹介。衣食住の様々なシーンから提案します。コラムでは、ずっと使っているキッチンツールや、手入れの仕方、しまい方を紹介。

【著者紹介】
雅姫 : モデルとして活躍するほか、上質で着心地のよいレディース服の店「ハグオーワー」、大人のための衣食住を提案する店「クロス&クロス」をプロデュースし、デザイナーもつとめる。インテリア、料理、ファッションなど、暮らしまわりのスタイルを提案。パーソナルマガジン『SENS de MASAKI』(集英社)を年2回発行するほか、著書も多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みえ さん

    新刊コーナーにあったので借りてきてみたら、雅姫さんの本だった。 ここまで衣食住にこだわって好きな物に囲まれてたら、お家にいるだけで楽しいよな〜。 私はあまり食器類を持ってないんだけど、素敵な物を長く大切に使いたいな。

  • 布遊 さん

    モデル、雅姫さんの本。好きな物が多くっても、使えば良いですね。雅姫さんの好きな物(自然素材の古い物)は、わたしも好きなので、楽しめました。写真が多いので、あっという間に読めました。

  • akiᵕ̈* さん

    好きなものが同じ傾向なので、つい手に取る雅姫さん本。この新刊を見ると、雅姫さんの自分のお気に入りを慈しんできてきるのが、とても伝わってくる。作家さんや職人さんが作り出すものは、そこにストーリーがあるから、使っていて飽きずに、長く大切に使う事ができる。だから、ついつい食器類やら衣服やら、私もモノが増えがちなんだけど、そこは、せめぎ合いながらも、やっぱり好きなものは残していきたい♩

  • ココアにんにく さん

    楕円形の皿って使い勝手がいいと思っていました。オーバル型って言うのですね。最初は某パン祭りでもらったモノから始まり何枚か買っています。盛りつけがサクッと決まるのが好き。捨てるには愛着がありすぎるかごや引き出し。いろんな使い方がありますね。ダイニングテーブルの椅子。あえて椅子はセットで買わずにバラバラにを実行中。形も高さもバラバラだけど統一感があるのはなぜ?スツールも素敵。リネンの白シャツや片口など、好きだけど使い方がしっくりこないモノも紹介されていたので勉強になります。

  • きのこ さん

    「視野が広がったら、選ぶ基準にもバリエーションができたのです。」(p.2)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

雅姫

モデルとして活躍するほか、上質で着心地のよいレディース服の店「ハグオーワー」、大人のための衣食住を提案する店「クロス&クロス」をプロデュースし、デザイナーもつとめる。インテリア、料理、ファッションなど、暮らしまわりのスタイルを提案。パーソナルマガジン『SENS de MASAKI』(集英社)を年2回

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品