絶界の鬼子母神

陰陽座

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 978ONMYOUZAB2
ISBN 10 : ONMYOUZABK
フォーマット
出版社
発行年月
2011年12月
日本

商品説明

その山には、子を連れた鬼が出るという。
陰陽座の通算十作目となるオリジナル・スタジオ・アルバム『鬼子母神』の原作脚本として、作詞・作曲を手がける瞬火自らが書き下ろした長編戯曲。


妻子を戦火で失った浪人・九鬼十蔵は、家族を救えなかった己を悔い、傷心したままの旅の途中で、人里から隔離された場所に迷いこむ。愛する我が子を病で亡くした女・静は、死んだ者を生き返らせるという邪法を用いて子供を蘇生しようと企てる。
とある事件に巻き込まれ、妻子を嬲り殺しにされた男・茂吉は、その復習の炎を胸に燻らせたまま、一人の少女と共に山奥に潜む・・・・。
幾人もの人間の思念と所業が、互いに引き寄せ合うかのように絡み合い、幾重もの情と相まって一つの結果を導き出す。
その果てにあるのは希望か、それとも絶望か。
「妖怪」を憑代に「人間」そのものを描く妖怪ヘヴィメタルバンド陰陽座の通算十作目となるオリジナル・スタジオ・アルバム「鬼子母神」の原作脚本として、作詞・作曲を手がける瞬火自らが書き下ろした長編戯曲。


陰陽座オリジナルスタジオアルバム通算10作目となる、アルバム「鬼子母神」は完全オリジナルストーリーからなる、トータルコンセプトアルバムとなります。
鬼子母神伝説をベースに瞬火が書き下ろしたオリジナル戯曲が本書「絶界の鬼子母神」となります。
本書を読まずに、アルバム「鬼子母神」をお聴き頂いても、勿論陰陽座のNewアルバムとして充分にお楽しみ頂けますが、本書をお読み頂いた上でアルバムをお聴き頂いたなら確実に、それぞれの楽曲の意味や意義、世界観の広がり、そしてそこから生まれてくる感動の度合いが、桁違いで有る事は固くお約束致します。と断言しても過言ではない、仕上がりになっております。     瞬火(陰陽座)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

陰陽座に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド