本からはじまる物語

阿刀田高

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896100907
ISBN 10 : 4896100905
フォーマット
出版社
発行年月
2007年12月
日本
追加情報
:
19cm,214p

内容詳細

恩田陸、本多孝好、市川拓司、石田衣良、三崎亜記…。総勢18名の豪華執筆陣による、「本」「本屋」を舞台に描いた掌編小説集。ファンタジー、ミステリーなど、バラエティあふれる18作品を収録。

【著者紹介】
恩田陸 : 1964年、宮城県生まれ。1992年に第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補となった『六番目の小夜子』(新潮文庫)でデビュー。2005年に『夜のピクニック』(新潮文庫)で、第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞を受賞。2007年に『中庭の出来事』(新潮社)で山本周五郎賞受賞

本多孝好 : 1971年、東京生まれ。1994年に「眠りの海」で小説推理新人賞を受賞。また『真夜中の五分前 side‐A/side‐B』(新潮社)は直木賞候補作に

今江祥智 : 1932年、大阪生まれ。中学教師、児童図書編集者を経て童話作家に。絵本・小説の翻訳や評論も多い。2005年『いろはにほへと』(BL出版)で日本絵本賞を受賞。同2005年旭日小綬章を受章

二階堂黎人 : 1959年、東京都生まれ。1990年『吸血の家』(講談社文庫)が第1回鮎川哲也賞佳作入選。1992年の『地獄の奇術師』(講談社文庫)でデビュー

阿刀田高 : 1935年、東京生まれ。国立国会図書館に勤務しながら執筆活動を続ける。1979年、短編集『ナポレオン狂』(講談社文庫)で第81回直木賞を受賞。1995年には『新トロイア物語』(講談社文庫)で第29回吉川英治文学賞を受賞する。1995年から直木賞選考委員、2007年から日本ペンクラブ会長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    総勢18名の精鋭作家さん達が、各々個性豊かに書き綴る「本」「本屋」を舞台にしたショート・ショートです。それぞれの作品が10頁ほどなので、とにかく読みやすく、作風もラブストーリーあり、ミステリーあり、ファンタジーありの読み応え十分な素晴らしい作品です。初読みの作家さんも多数いて、こういった作品を手に取ることで、さらに読書の幅が広がっていく喜びもまたひとしおかなと。個人的には、やっぱり「本屋」さんを舞台にした作品がどれも印象的でしたが、「本」に対する作家さんそれぞれの‘思い’がとてもよく伝わってきます。

  • あつひめ さん

    本、とか本屋という同じテーマだけを差し出されて出てきた作品は・・・みな作家さんの個性がキラキラとしている。名のある作家さんばかりなので読者はお目当てがあったりして手に取るのだろうけど、作家さんは短い作品だからこそ腕も試されるところ。猫に本ってなんか似合うなぁ・・・なんて思ったり。ゾクゾクしたり、ほんわかしたり・・・心の準備体操をしたみたいな気がする。今回は初めての作家さんはいなかったけど、久しぶりに読んでみたくなった作家さんに声をかけられた気分。私的にはどれも甲乙つけがたく気に入った作品が並んでいる。

  • takaC さん

    面白かった。この企画気に入った。同じテーマでもう2倍くらい読みたい。

  • ちはや@灯れ松明の火 さん

    目の前を空飛ぶ絵本が横切った。もう手放してしまった、幼い頃読み耽った色褪せた絵本。思わず手を伸ばしたら本の森に転がり込んだ。ずらり並ぶ本屋。子供時代通い詰めた、もうなくなったあの店や改装して小奇麗になったあの店も、昔のまま。なけなしの小銭を握ったちびに戻って木造の書架を見上げる。欲しい本を全て買えないと分かっているからこそ、背表紙は誘惑たっぷりに笑いかける。電車に乗り訪れた大型書店、書架は迷宮の壁、行きつ戻りつ、時間の経過を意識の外に追い出しぐるり巡る。…そんな白昼夢を見た、一瞬の永劫。

  • りんごのほっぺ さん

    短編集苦手…と言いつつ、最近短編集率高め。笑 そして、この短編集は読んでよかった!◆題名に「本」って、それだけで惹かれちゃいますねぇ。図書館のお気に入りの場所、『本日返却された本』の棚で運命的な出会い♡笑 ◆18人の作家さんによる短編集のため1つ1つは短い。でも、十分話に入り込めるし、サラリと読めるが印象が強い、って話も多かった。◆読んだことある作家さんのが少なく、初読みさんも多かった。「本」というテーマは共通、でもお話の可能性(?!)は無限大!ですね♪「さよならのかわりに」「迷宮書房」が特に気に入った!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

阿刀田高

昭和10(1935)年東京に生まれる。早稲田大学文学部仏文科卒業。国立国会図書館勤務を経て文筆活動に入り、54年、短編集「ナポレオン狂」で第81回直木賞を受賞。平成7(1995)年、「新トロイア物語」で第29回吉川英治文学賞を受賞。15年紫綬褒章受章。30年文化功労者(本データはこの書籍が刊行された

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品