読書の日記

阿久津隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909242020
ISBN 10 : 4909242023
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
追加情報
:
1120;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 踊る猫 さん

    高橋源一郎や、あるいはもっと保坂和志が好きな読者ならまず間違いなくハマれる一冊。過剰な引用癖はまあご愛嬌といったところだけれど、一冊一冊の本を丁寧に読み解いていく姿勢は一読者として見習いたい。指が脱臼しそうになるほど分厚い本なのだけれど、こちらを引き摺りこむだけの力はある。それでいて暑苦しいところがない、良い意味で頑張っていない本だと思う。地味ながら良い仕事……それはこの著者が偏愛するエクス・リブリスの装丁にも似ている。ただ、保坂に甘過ぎるのはちょっとな……という気も。何気に毒を備えた書き手として期待する

  • まきこん さん

    先月にfuzkueへ行って、素晴らしい選書だったので、気になっていたこちらを購入。一文がわりと長いのも、引用が長いのも好み。知らない本もあるけど、お店の選書すばらしやーと思ったのは、やはりと思えるほど本の趣味なのか感覚に近いものを感じる。仕事の学会のため、地方から本州へ出た行き帰りで一気読みしました。荷物になったけど、ちょびちょび読みより、新幹線とか在来線特急に乗りながらルービー飲みつつ、一気読みがおすすめです。聖書のごとく分厚い本ですが。そんなことも気にならないほど、徐々に手にしっくり収まってきます。

  • 塾長 さん

    日記を始めて読んだ。読書の日記というタイトルの通り、読んだ本が登場するのだが、この日記の魅力は、フヅクエという店を経営をして、試行錯誤している過程や、野球の話や、音楽の話も登場するところにある、と思う。今は、読書の日記に登場した本を読んでいる。

  • Takako さん

    1100ページ越えの分厚さに最初はおそるおそる読み始めた本書。本の読めるカフェ「fuzkue」を営む阿久津隆さんの読書日記です。独特の文章は味わい深くするすると読めるのですが、とにかく厚いので読んでも読んでも終わらない。でも、終わらずにいつまでも読めることがとてつもない幸福でした。読み終わっちゃったのが寂しい。日々の暮らしが淡々と綴られる日記は起承転結なく続いていきます。でも、筆者の目を通して垣間見る世界は、自分が見るものとはまた違う色彩が広がっている。日記文学を読む面白さをひたすらに感じられる本でした。

  • みちぱん さん

    凶器になるほど分厚い(笑)「本を読むカフェ」であるフヅクエの店主、阿久津さんの日記なわけですが、なんだかとても良いです。日記をつけたくなるし、他の作家の日記本も読みたくなる。表紙もかわいい。阿久津さんの読んでいる本の引用などがたまに入るのですが、普通ならフォントを変えたり太字にしたりするところを地の文章と変わらずに続くので、いつから阿久津さんの言葉でいつから本の引用なのか、その境界線が曖昧になるときがあって、とても不思議な感覚でした。良き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品