読書の日記

阿久津隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909242020
ISBN 10 : 4909242023
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
追加情報
:
1120;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 踊る猫 さん

    高橋源一郎や、あるいはもっと保坂和志が好きな読者ならまず間違いなくハマれる一冊。過剰な引用癖はまあご愛嬌といったところだけれど、一冊一冊の本を丁寧に読み解いていく姿勢は一読者として見習いたい。指が脱臼しそうになるほど分厚い本なのだけれど、こちらを引き摺りこむだけの力はある。それでいて暑苦しいところがない、良い意味で頑張っていない本だと思う。地味ながら良い仕事……それはこの著者が偏愛するエクス・リブリスの装丁にも似ている。ただ、保坂に甘過ぎるのはちょっとな……という気も。何気に毒を備えた書き手として期待する

  • Maki さん

    買ったらすぐ読むひと。積ん読なし、2〜3冊を併読、家で、カフェで、自身の店で、餃子屋で、居酒屋で、公園で…。食べながら、飲みながら…ウィスキーウィスキーチョコレートヘミングウェイ。ビールビールハイボール読む食べるといった具合に。お店の客数で気分が上がり下がりし、懸命に生きてるひと。本を読み喜び、泣き、感動する、素直なひと。とても気持ちのいいひと。

  • 踊る猫 さん

    爆発する、という印象を抱く。ここで著者の阿久津隆が書く日々の記録は、なんらかのフォーマットに安寧に収まりうるものではない。大抵の書き手の書くものはウェブ日記やブログといった行儀の良い形態に収まってしまうが(そしてそれはむろんなんら悪くないが)、阿久津はその形式を超えて読書中に抱いた思念や日々の些事やフヅクエを運営する裏事情などを日記の中で炸裂させる。その筆致は実に芳醇。豊満なボリュームを誇るこの本を読んでいると、私も(阿久津とはかなりテイストが違うにしろ)読むことをエンジョイしたくなる。元気になれる1冊だ

  • マッピー さん

    読書も好きだし、日記を読むのも好きなので、この本はすごく楽しみでした。けれど、結果としてこの本を読むことは、私にとって苦行となりました。引用を多用しすぎている割に、感想は感覚的で、それも含めて戦略的なのだろうけれど、ケレン味だらけの文章の中で、何が書かれているのか見失うことも多くありました。フィクションとノンフィクションがごたまぜの文章は、大変読みにくかったのでした。でも最後まで読んでよかった。「富士日記」について書かれ始めた頃から、文章がこなれたのかケレン味が失せたのか、読みやすくなりました。

  • 塾長 さん

    日記を始めて読んだ。読書の日記というタイトルの通り、読んだ本が登場するのだが、この日記の魅力は、フヅクエという店を経営をして、試行錯誤している過程や、野球の話や、音楽の話も登場するところにある、と思う。今は、読書の日記に登場した本を読んでいる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

阿久津隆

1985年、栃木県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、金融機関に入社。3年間営業として働いた後、2011年に岡山にてカフェを立ち上げ、3年間店主として働く。2014年10月、東京・初台に「fuzkue」をオープン。2020年4月には2号店を下北沢にオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品