歌謡曲春夏秋冬 音楽と文楽 河出文庫

阿久悠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309409122
ISBN 10 : 4309409121
フォーマット
出版社
発行年月
2008年07月
日本
追加情報
:
350p;15

商品説明

歌謡曲に使われた言葉は、時代の中でどう歌われ、役割を変えてきたのか。「東京」「殺人」「心中」等、百のキーワードを挙げ、言葉痩せた今の日本に、息づく言葉の再生を求めた、稀代の作詞家による集大成!

内容詳細

言葉は「私」を本当に伝えるか?言葉は人と人を本当につなぐか?季節を、土地を、時を巡って世を映し、心を伝える歌―。それは時代の中でどう歌われ、役割を変えてきたのか。「東京」「殺人」「心中」等、百のキーワードを挙げ、言葉痩せた今の日本に、息づく詞の再生を求めた、稀代の作詞家による渾身の集大成。

目次 : 春は東京にだまされる(東京/ 喫茶店 ほか)/ 夏は金魚と遊びたい(金魚/ 殺人 ほか)/ 秋は小指が痛くなる(小指/ 傘 ほか)/ 冬は心中がしたくなる(心中/ かもめ ほか)

【著者紹介】
阿久悠 : 1937年、兵庫県生まれ。明治大学文学部卒業。82年『殺人狂時代ユリエ』で横溝正史賞、97年菊池寛賞、2000年『詩小説』で島清恋愛文学賞を受賞。99年には紫綬褒章を受章。07年8月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 愛奈 穂佳(あいだ ほのか) さん

    【ココロの琴線に触れたコトバ】言葉というものはなかなかに気難しいもので、よほど覚悟を決め、姿勢を正して、いい意味の緊張を示さないと、美しさも、心地好さも提供してくれない。

  • いちはじめ さん

    言葉や季節や時代の移り変わりに対する感受性の瑞々しさに感心。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

阿久悠

1937‐2007年。本名・深田公之。兵庫県淡路島に生まれる。明治大学文学部を卒業後、広告代理店に勤務して番組企画・CF制作に関わった後、フリーとなり作詞を中心とした文筆活動に入る。97年菊池寛賞受賞、99年紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

阿久悠に関連するトピックス

  • 偉大なる作詞家【阿久悠】関連作品 作詞家・阿久悠の人生を描いたドラマの放送もあり、改めてその名曲たちが注目されています。関連商品をまとめてご紹介。 HMV&BOOKS online|2017年08月22日 (火) 17:20
    偉大なる作詞家【阿久悠】関連作品

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品