神社が語る古代12氏族の正体 祥伝社新書

関裕二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396113704
ISBN 10 : 4396113706
フォーマット
出版社
発行年月
2014年07月
日本
追加情報
:
308p;18

内容詳細

日本の古代史は、『日本書紀』の編者によって改竄された。
同じころ、神道の源流にあった祭祀・信仰も改変された。
残された遺跡《神社》の原形を見極めることで、
古代日本の本当の姿が浮かびあがってくるかもしれない……。

──天皇家の祖神を祀る神社は、なぜ大和から遠く離れた伊勢につくられたのか。
──三種の神器のひとつである草薙剣は、なぜ尾張で祀られたのか。
──崇神天皇は、なぜ祟られたのか。
──春日大社の祭神は、なぜ四柱なのか。
──蘇我入鹿を祀る神社が、なぜ存在するのか。
──物部氏が石上神宮の祭祀(し)に関わっていなかったという記述は、本当か。
──大伴氏が祀る大きな神社は、なぜ残っていないのか。

【登場する氏族】
天皇家、出雲国造家、物部氏、蘇我氏、尾張氏、大伴氏、
三輪氏、倭氏、中臣氏、藤原氏、阿倍氏、秦氏

【登場する神社】
出雲大社、石上神宮、大和神社、磐船神社、石切剣箭神社、降幡神社、
伴林氏神社、入鹿神社、大神神社、熱田神宮、宗我坐宗我都比古神社、
枚岡神社、春日大社、敢国神社、伏見稲荷大社

著者
関裕二(せき・ゆうじ)
1959年、千葉県生まれ。歴史作家。『聖徳太子は蘇我入鹿である』で衝撃的デビューを果たしたのち、日本古代史を中心に、ユニークな視点から執筆活動を続けている。著書に、『新史論/書き替えられた古代史1~3』『教科書に絶対! 載らない 偽装! 古代史』『源氏と平家の誕生』『古事記の禁忌 天皇の正体』『物部氏の正体』『蘇我氏の正体』『藤原氏の正体』『古代史謎解き紀行I~V』などがある。

【著者紹介】
関裕二 : 1959年、千葉県生まれ。歴史作家。『聖徳太子は蘇我入鹿である』でデビューしたのち、日本古代史を中心に、執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 大阪魂 さん

    関さん初読みかな…ゆうてはるみたいに、継体天皇、ヤマトタケル、大海人皇子などなど、古代史の中で東の方って実はキー握ってるのに、あんまし触れられてへんもんねー中臣鎌足と百済とか、ヤマトノオオクニタマとアマテラスは宮中から遠ざけられてたとか、へえーって解釈とか史実?がいっぱい!全部がほんまとは思われへんけど、面白かった!大和神社とか降旗神社とかいってみたいな。ほかにも関さんの本読んでみよ

  • TheWho さん

    日本の古代史を独自の視点で解釈し、歴史の謎に挑む歴史評論家である著者が、古代氏族と奉斎する神社の関係を解き明かしながら古代史の謎を紐解く一冊。なぜ天皇家の祖神を祀る神社が、大和から遠く離れた伊勢の地に建立されたのか。天照大御神は実は男神だったのでは。国譲り神話上で裏切り者である天穂日命の子孫をなぜ出雲国造に任命し、その上現代まで命脈を保ち続けられたのか。等など日本書紀の矛盾を驚愕な新説で解き明かしていく。正に高田崇史の作品の元ネタを提供している様にも感じる興味深く面白い一冊です。

  • はるわか さん

    鎌足=豊璋説。7世紀藤原不比等による一氏独裁体制の構築:傀儡としての持統朝の創設:律令体制による豪族と土地・民の分断、日本書紀による旧王家の歴史の抹殺、伊勢神宮創設による祭祀権の掌握、道教の影響。前方後円墳の終焉。蘇我・物部・尾張氏がつくったヤマト王家(蘇我系天皇)の排除、天武系皇族(大津皇子、長屋王)の謀殺。秦氏(蘇我系)の没落、秦河勝の祟る神化。

  • 海 さん

    古代史、神社の立ち位置に関する視点が面白かった。勝者の歴史書、日本書紀に描かれなかったことはなんなのか。いつの時代にも、こういう考察は必要だと思う。

  • ぺっ君 さん

    古代史に関する著書が多い作者が、古代氏族とその氏神を紹介したもの。情報と説話のバランスがよく面白い。ただし、特定の氏族に対する主観的な感情を表現しすぎている点は少し違和感がある。作者に対してはもう少しニュートラルな立場に立てば尚よいのにといつもながら思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

関裕二

1959年、千葉県生まれ。歴史作家。日本古代史を中心にユニークな視点から執筆活動を続けている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品