BLAME! 電基漁師危険階層脱出作戦 シリウスKC

関根光太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065108895
ISBN 10 : 4065108896
フォーマット
出版社
発売日
2018年02月09日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
271p;19

内容詳細

人間を拒絶し、無限に増殖した都市構造。その因果も幾星霜の彼方に忘れ去られた世界を彷徨う者がいた。その名は――霧亥。弐瓶勉の原点『BLAME!』。その壮大な設定と世界観から不可能といわれた映像化を、ついに現実のものとした劇場版アニメ。このSF超大作を独占コミカライズ!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぷほは さん

    映画を原作の雰囲気に寄せつつのコミカライズで、づるは相変わらず巨乳美少女なのにサナカン先生はドヤ顔ロリじゃなくて原作初期寄りだったり、シャキサクの効果音はシャキシャクじゃないのに重力子放射線射出装置のギミックは再現していたりと、基準がやや曖昧なところはあるが、まぁこーいう企画のこういう作品ならしょうがないか。惜しむらくは原作の名言「大地って何だ?」を入れるとか、映画でカットされた入浴シーンをこれでもかと描写するとか、そういうプラスアルファにもう少し踏み込んで欲しかったところがあるなぁ高望みとは知りつつも。

  • 紫雲寺 篝 さん

    弐瓶勉のハードSF漫画「BLAME!」をCGアニメ化した2017年公開の「劇場版 BLAME!」のコミカライズ。つまり、漫画原作で大幅構成変更された劇場用シナリオを漫画に再構成、という事。話は多少カットされているものの大筋はなぞり映画通りの展開を描いている。しかし作画が原作者でなく、内容も1冊にまとめるという制約もあって、原作のウリの「話はほぼなく主人公もあまり喋らないが、背景の描き込みと巨大建造物感とSFの世界の壮大さと、銃を持ち佇む孤独な主人公達のカッコよさ」がまるでない。劇場アニメおさらい用か?

  • 一会 さん

    劇場版のコミカライズ版。原作執筆時の弐瓶先生の密度の濃い「黒い」絵とも、現在の書き込みつつシンプルな「白い」絵とも違うニンジャスレイヤーキルズで馴染んだ関根先生の少年漫画的な絵柄がシンプルで骨太な劇場版の雰囲気とマッチしていてとてもいい。漫画媒体のため「網膜に投影された文字」を映画よりはっきり見えるためラストの「禁圧解除」は鳥肌もの

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品