はじめての福島学

開沼博

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781613116
ISBN 10 : 478161311X
フォーマット
発行年月
2015年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
開沼博 ,  
追加情報
:
412p;19

内容詳細

「福島難しい・面倒くさい」になってしまったあなたへ

福島第一原発事故から4年経つ今も、メディアでは放射線の問題ばかりがクローズアップされている。しかし、福島の現実は今どうなっているのか、そして、福島の何を今語るべきなのか? 『「フクシマ」論』で鮮烈な論壇デビューをはたした社会学者・開沼博が、福島問題を単著で4年ぶりに書き下ろし。人口、農林水産業、観光業、復興政策、雇用、家族、避難指示区域……。福島を通して、日本が抱える「地方」問題をもえぐりだした一冊。

[著者紹介]
開沼博(かいぬま ひろし)

1984年福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府博士課程在籍。専攻は社会学。現在、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。著書に『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)、『漂白される社会』(ダイヤモンド社)など。

【目次】
復興

人口

農業

漁業・林業

二次・三次産業

雇用・労働

家族・子ども


【著者紹介】
開沼博 : 社会学者。1984年福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府博士課程在籍。専攻は社会学。現在、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きいろ さん

    ボランティアに入った人が知人にも職場にもいるけれど福島ではない。なんだかタブーの地なイメージが私の中にあって。著者による、福島に対する世間のイメージってこうでしょ!に当てはまってます。はい。読んでわかったのは、福島の問題とされていることの多くは日本全体の各自治体が抱えている問題でもあるってこと。いくつかのキーワードを並べて福島を語るとわかった気になるけど、本当に今住民が求めていることとズレがあるってこと。地元目線で発信できる人の声を聞いて、善意の押し付けじゃない支援。考えさせられる。入門編でわかりやすい。

  • 壱萬弐仟縁 さん

    話し言葉で書かれている。本書の目的:福島の問題について論理とデータを通した議論のベースの再設定(34頁)。イメージとは逆に、震災後、県外に流出していた人も戻りつつあるという(40頁)。データを見るべきであろう。重要箇所はゴシ太。人口減少も、意外ともちこたえているというのがデータで見えることらしい(48頁)。福島では人口が増えている(74頁〜)。これはイメージとは真逆。人が住んでいない地域でも農業再開、出荷し始めている(117頁)。セシウム対策としてカリウムを撒布しているようだ(120頁〜)。

  • あやの さん

    住んでると体感的に解るような内容がほとんどだったが、やはり、全国向けにはここから説明しないとダメなんだなと、逆にびっくりした。確かに全国放送では取り上げないものね…でも、改めて「そういう見方があるのか!」と発見できたこともあり、有意義な本だった。現実をデータを基に解説していて解りやすい。遠くに住んでいる人ほど「福島だいじょぶ?」と思うだろうけど、それなりにやっている。ただ、データからだけでは見えない住民の微妙な心理的な部分はあまり触れてない。

  • ぐうぐう さん

    目が醒めるような福島論だ。メディアが紋切調で伝える福島の姿。学者が物知り顔で語る福島の実態。曰く「福島からは人口流出が止まない」「農地が放射性物質で汚染されたので、破産する農家が増えている」「福島では失業者が続出している」等々。それらがいかに根拠のない言説で、事実とかけ離れているかを、開沼博は詳細なデータと取材により、丁寧に訂正していく。どうしてこのようなデタラメが流布されたのか。開沼は、他の被災地に比べ福島の問題は複雑で面倒くさいからだと説く。(つづく)

  • とうゆ さん

    震災後の福島県について何も知らない自分にとっては良い本だった。この本を読めば少なくとも、危険と安全の二元論で福島を語ることの無意味さには気づけるのではないか。震災から数年がたち、少しずつ定量的なデータが集まりつつある。我々は、わかりやすくインパクトの強い定性的なデータだけではなく、統計的な事実も知らなければならない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品