細野晴臣と彼らの時代

門間雄介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163912073
ISBN 10 : 416391207X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
四六判 上製 上製カバー装 / 512ページ

内容詳細

音楽家・細野晴臣の決定版評伝!
「はっぴいえんど」「ティン・パン・アレー」「YMO」で彼は何を生み出したのか。

「もうこれ以上、話すことはないです。」
細野晴臣


【目次】
プロローグ/1 細野の家/2 一本の電話/3 一九六八年十二月三十一日/4 エイプリル・フール/5 はっぴいえんど前夜/6 ゆでめん/7 風街ろまん/8 HAPPY END/9 HOSONO HOUSE/10 キャラメル・ママ〜ティン・パン・アレー/11 ダメージ/12 楽園へ/13 エキゾチック・サウンド/14 葛藤/15 イエロー・マジック・オーケストラ/16 世界進出/17 YMOブーム/18 確執/19 一九八一年のはっぴいえんど、YMO散開/20 観光音楽/21 アンビエントの海から/22 再会/23 再結成/24 ハイドパークの奇跡/25 音楽はつながる/エピローグ

【著者紹介】
門間雄介 : 1974年、埼玉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。ぴあ、ロッキング・オンで雑誌などの編集を手がけ、『CUT』副編集長を経て2007年に独立。その後、フリーランスとして雑誌・書籍の執筆や編集に携わる。『細野晴臣と彼らの時代』が初の単著となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • minamimi さん

    読み応えがあった。ゆっくりと細野さんの足取りを追う。読んだ事のある話も多かったけれど、やっぱりファンとしては嬉しい限り。読後、はっぴいえんどから聴き直している…。

  • potsumen さん

    私は細野晴臣と同時代を生きておらず完全に後追いかつ、大好きという訳でもない。 しかし、細野晴臣に影響を受けた数多くの音楽、もっと言うと文化が好きであり、そのルーツを知りたく本書を手に取った。 嗜好・思考・信仰の変遷や周囲との関わり方がこと細かに描写されていることで、細野晴臣が音楽を産み出した背景への理解が深まるだけではなく、映画のような物語性を持った話の展開にページをめくる手が止まらなかった。 2019年に公開された映画『NO SMOKING』の副読本としても機能しており、併せて観賞していただきたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

門間雄介

1974年、埼玉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。ぴあ、ロッキング・オンで雑誌などの編集を手がけ、『CUT』副編集長を経て2007年に独立。その後、フリーランスとして雑誌・書籍の執筆や編集に携わる。『細野晴臣と彼らの時代』が初の単著となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品