新聞という病

門田隆将

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784819113670
ISBN 10 : 4819113674
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
286p;18

内容詳細

こうして新聞は大衆に負けた

ジャーナリズムの王として長く君臨した日本の新聞は、なぜ今、「国民の敵」となってしまったのだろうか。

中国や韓国を持ち上げ、ひたすら彼らを利する新聞は、日本に天文学的数字の損害を与え、国益を毀損しつづけている。

かつて記者クラブに潤沢に記者を配置し、情報を独占して自らの主義主張、イデオロギーに基づいて情報を「加工」し、大衆に下げ渡していた新聞が、インターネットの発達でその「正体」が暴露されてしまった。

「権力の監視」を大仰に謳い、「ファクト」を殺す新聞の傲慢さは、いったいどこから来ているのか。どのようにして新聞記者は情報自体を歪めるのか。

平成とは、そんな新聞の実態が明らかにされた時代だった。ついには新聞自体が「日本最大の病巣」となってしまったありさまを余すところなく浮き彫りにする。

令和の時代、どう新聞と向き合うべきなのか、目から鱗の具体論! 朝日新聞を謝罪に追い込んだ気鋭のジャーナリストが「生き残る情報」、「死ぬ報道」を喝破する。

◎地道な取材より会見の失言狙い
◎いまだ左右対立視点しか持てず
◎戦争をするのは日本という不安商法
◎日中友好絶対主義
◎命より憲法という本末転倒
◎タブーを週刊誌に丸投げ
◎ご注進ジャーナリズム
◎発言切りとりで舌禍創作
◎ヘイトと差別を使い分け

令和に生きる国民は、もう新聞に騙されてはならない。
著者について

門田隆将 (かどた・りゅうしょう)

作家、ジャーナリスト。1958(昭和33)年高知県安芸市生まれ。
中央大学法学部政治学科卒業後、新潮社に入社。 『週刊新潮』編集部に配属、記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立。『この命、義に捧ぐ──台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(集英社、後に角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。近著に『オウム死刑囚 魂の遍歴──井上嘉浩 すべての罪はわが身にあり』(PHP研究所)、 主な著書に『死の淵を見た男──吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(角川文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか──本村洋の3300日』(新潮文庫)、『甲子園への遺言』(講談社文庫)、『汝、ふたつの故国に殉ず』(KADOKAWA)など多数。

【著者紹介】
門田隆将 : 作家、ジャーナリスト。1958(昭和33)年高知県安芸市生まれ。中央大学法学部政治学科卒業後、新潮社に入社。『週刊新潮』編集部に配属、記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立。『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(集英社、後に角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • それいゆ さん

    「なぜ君は絶望と闘えたのか本村洋の300日」と出会ってからの門田ファンです。門田さんの書く文章にはいつも感動させられます。朝日嫌いの私とは波長が合うのでしょう!韓国では日本企業に対し徴用工への賠償命令判決が次々と出ています。世界中に従軍慰安婦像がどんどん増殖しています。この元凶こそが朝日新聞であることを分かりやすく解説しています。朝日記者は、新聞記者ではなくて活動家だという言い方にも大賛成です。私は、あの珊瑚礁落書き捏造写真記事の頃から朝日に疑問を抱き始めました。今は危惧したとおりになっています。

  • 南北 さん

    かつては「社会の木鐸」と呼ばれた新聞が夢想家のビラと化していることを批判した本です。産経新聞のコラムと「正論」に掲載した論文をまとめたものなので、簡潔に書かれていて読みやすいものになっています。あとがきで「我々の使命は権力を監視することだ」という新聞記者を批判していますが、新聞記者のこうした発言の一因は日本国憲法の捉え方にあると思います。通説では憲法を「国を縛る法律」だとしています。つまり国家とは国民がぼんやりしていると何をしでかすかわからない存在だとしているのです。これでは勘違いする人も出るはずです。

  • DEE さん

    親の代から数えて30年近く新聞を購読していないし手に取るのさえ年に数度だが、この著者ということで読んでみた。 外交や国会、原発、少年法、国際紛争など幅広く新聞に対して批判している。新聞にとってもこういう真っ当な批判をしてくれる人がいるうちが華だと思う。 ちょっと前に「新聞がなくなると記者が成長する場がなくなる」みたいな記事を読んだ。本職以外の人間でもこれだけ発言する媒体がある中で、まだこんなことを言う人がいるのかとちょっと驚いた。新聞の衰退って案外こういうところからなんじゃないかな。

  • ローリー さん

    図書館で借りました。新聞に対する批判(と応援)の本で、日頃疑問に思っていたことに対する答えの一つも書かれていて、得心したとともにこの著者の他の作品も読んでみたいと思いました。その疑問とは、なぜ某新聞社は日本の新聞社なのに日本の不利益になることなら誤報もいとわず万難を排して書き立て、さらに誤報と分かっても謝罪もしないし、謝罪しても言葉をこねくり回して責任をとろうとしないのか、ということだったのです。その新聞社の記者に聞いてみたという形で最後の方に書かれているので、気になる方はご一読を。

  • おいさん さん

    報道を無条件に受け入れてきた自分に喝。そして、日本を貶める報道に終始しているA日新聞。何とかならないものか・・・。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

門田隆将

作家、ジャーナリスト。1958(昭和33)年高知県安芸市生まれ。中央大学法学部政治学科卒業後、新潮社に入社。『週刊新潮』編集部に配属、記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立。『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(集英社、後に角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。著書多

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品