開拓使と幕臣 幕末・維新期の行政的連続性

門松秀樹著

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766416107
ISBN 10 : 4766416104
フォーマット
発行年月
2009年04月
日本
追加情報
:
22cm,237,4p

内容詳細

江戸幕府から明治政府への政権交代が、蝦夷地/北海道の統治にもたらしたものとは。行政実務に携わる中・下級官僚は、新時代に対応できたのか。近世・近代移行期における日本行政の連続と変容に迫る力作。

【著者紹介】
門松秀樹著 : 常磐大学非常勤講師、博士(法学)。1974年生まれ。2006年、慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • katashin86 さん

    貧弱な幕府箱館奉行所の官吏が、維新後もしばらく居残ったものの、明治政府が黒田清隆を開拓使長官に据え北海道に本気になったらいなくなった、という結論じたいは驚きではなかった。 だが、行政の独立性・継続性を論じるうえで中下級官吏が明治維新という政治体制変革の前後で連続性があったのか、という視点はおもしろく、この視点で町奉行所や代官所を分析したものを読んでみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

門松秀樹著

1974年(昭和49年)、神奈川県に生まれる。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程単位取得退学。博士(法学)。現在、尚美学園大学非常勤講師、常磐大学非常勤講師などを務める。専攻は日本政治史、日本行政史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く... |2015年10月19日 (月) 12:51
    なぜ日本人は幸福を感じられないのか?
  • ローマ社会における奴隷の実情を明かす 現在のイタリア人の40%は奴隷の子孫だと言われるが、当時の奴隷たちは愛人から医者まで様々な役割を果たしていた。奴隷な... |2015年06月10日 (水) 10:38
    ローマ社会における奴隷の実情を明かす
  • 貴重な記述を収録した『昭和天皇実録』 宮内庁が24年余りをかけて編さんし、天皇の御事蹟、日本社会を記述した『昭和天皇実録』。全19冊のうち、0〜12歳を収... |2015年06月03日 (水) 10:10
    貴重な記述を収録した『昭和天皇実録』
  • 人気のテレビ哲学番組を書籍化! テレビ放送のたびに話題を呼んだNHK Eテレの哲学トーク番組「哲子の部屋」が本になった『哲子の部屋』。人気哲学者が「... |2015年05月18日 (月) 17:16
    人気のテレビ哲学番組を書籍化!
  • 帝国憲法の成り立ちと意義を問う 歴史をひもとけば、大日本帝国憲法は、幕末明治の志士らが命を懸け勝ち取ったものであったことが見えてくる。帝国憲法の栄光... |2015年05月08日 (金) 17:52
    帝国憲法の成り立ちと意義を問う
  • お笑い芸人が作ったスゴイ日本史の本! 一度読むだけで、日本史の流れがすーっと頭に入って、忘れることがない奇跡の日本史物語『京大芸人式日本史』。芸人ロザン・... |2015年04月16日 (木) 14:19
    お笑い芸人が作ったスゴイ日本史の本!

おすすめの商品