エースのコーチはじめました 下 マイクロマガジン社文庫

長野聖樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896378030
ISBN 10 : 4896378032
フォーマット
発行年月
2018年07月
日本
追加情報
:
315p;16

内容詳細

由羽にコーチを依頼した吉乃の本当の目的は、自分の所属する安野雲リトルシニアの内紛によるレギュラーとグラウンドを賭けた紅白戦に協力してもらうことだった。エースで4番の大上愚地を筆頭とした現レギュラーチームに対抗するため、由羽のもとで確実に実力をつけていく吉乃たち。だが、急成長を遂げる中、過去の影が再び由羽に忍び寄る。由羽と吉乃、そしてチームメイト。それぞれの悩みと想いが交錯する時、グラウンドに奇跡が起きる―!!リトルシニアを舞台にこの夏いちばんカワイイ野球コーチング青春小説!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 菊地 さん

    エースピッチャーが面倒くさかった一方で、キャッチャーのヒロイン力が高かった。ジュブナイル系の書籍というよりは、恋愛の描き方がライトノベル寄りでしたね。作者の経歴的にはむべなるかな。

  • 熱東風(あちこち) さん

    (上巻より)/ストーリー的には、主人公の重い過去が終始影を引きずっていて、それが枷となるせいもあってか展開は遅い。もっとも、二週間という期限付きだからじっくりと描いているということもあろうけど。/試合のシーンは下巻の半ばから。試合の描写や野球についてのアドバイスなんかは、作者が経験者で野球好きということもあってか、具体的でリアリティがある。/ストーリー展開が多少ご都合主義の感が無きにしも非ずではあるけど、ヒロインズ皆可愛いし(個人的には桜子推し)、野球が好きな人は一読の価値あるんじゃないかと思います。

  • 2代目フーガ さん

    下巻は少女たちの野球人生を賭けた紅白戦。ピッチャーがウジウジしてる間にキャッチャーがヒロインポイントを稼ぐ展開には驚きましたが、とても可愛かったのであり。試合もちゃんと盛り上がり、求めていたものは得られた作品でした。なんとかオブザグラウンドの話します?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長野聖樹

富士見ファンタジア文庫にて『WSW EXODUS』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品