野ばら 河出文庫

長野まゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309403465
ISBN 10 : 4309403468
フォーマット
出版社
発行年月
1992年10月
日本
追加情報
:
15cm,142p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しいたけ さん

    久しぶりに、母の古くて黒い足踏みミシンを思い出した。天板にひょっこりと持ち上げられたときの期待。カタカタと踏み、クルクルと回る繋がり。下に潜り込んだときの高揚感。いつしかノスタルジックな風景になっていた。『野ばら』はまさしくそんな本。

  • おたけஐ೨💕🥒🍅レビューはボチボチと… さん

    82/100点 『夏至祭』と同じ登場人物の物語でこれだけ印象が違うとは驚きです。夜のしじまを震わす微かな音や、月の光が床に落とす玻璃片の煌めきなど幻想的な描写の数々。野ばら・芍薬の白と対極をなすような柘榴の紅玉色、色のコントラストが印象的でした。夢と現の狭間で揺蕩う月彦と妖しげな黒蜜糖。夢と現実の境が分からない不思議な怖さの世界観を持った物語でした。ただ『夏至祭』では強い個性を発揮していた銀色の存在感が薄い点が残念です。やっぱり自分はノスタルジックな味付けのある『夏至祭』の方が断然好みですね。

  • ちょろこ さん

    真夏の夜の覚めない夢、の一冊。かたたた、かたたた…ミシンの音は真夏の夜の覚めない夢へのいざない。幻想的な雰囲気もつかの間、うっすら寒いヴェールにずっと包まれ、見え隠れする紅玉色の柘榴に惑わされるような終始冷んやりさせられる異世界。なんとなく冒険心の象徴のようだった紅玉色がこちらの世界では怖さの象徴だったのが印象的だった。夢か現かのようなこの世界、怖さで本を閉じたくなりつつもあり、また何度も新たな冷たさ怖さ、紅玉色を探したくもなる、くせになりそうな作品。

  • ジンジャー(C17H26O4) さん

    夢から目覚めては眠り、目覚めては眠り。繰り返す毎に夢と現が混ざり合う。ミシンの音がかたたたと聞こえ、石榴の果実は紅玉の玻璃玉のようで、野ばらの花びらははらはらと降る。学校からの下り坂、いつの間にくぐり抜けた野ばらの垣。ここはどこ。月彦の家の庭だろうか、学校だろうか。学校?どこの?バラ科の鉄やザクロ科の鉄。石榴の紅玉(るびい)は錆びた鉄の味。植物は甘やかに妖しく香り、樹々は鬱蒼と繁る。黒蜜糖と銀色のいる静かな世界。野ばらは尽きることなく降り続け、月彦の姿は掻き消された。今ここに野ばらの微かな香を感じる気が。

  • mii22. さん

    【猫と読書】白い野ばらに囲まれた学校。夏の夜、月彦の目の前に現れたのは美しい二人の少年、銀色と黒蜜糖。学校の帰り道、美しい二匹の猫を見た月彦は、銀繻子の灰色猫と艶やかな黒天鵞絨の猫に誘われるように二匹を追いかける。かたたた、かたたた、ミシンを踏む音が、夢現の境界で聞こえてくる。少年たちは白い野ばらの垣から出られない。閉じ込められた意識の中で繰り返される、美しくて、ちょっと怖い夢。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長野まゆみ

東京都生まれ。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長野まゆみに関連するトピックス

  • 第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞 下町で生まれ、実直な文字職人として生きてきた父だが、その死後知られざる横顔が覗きはじめる。長野まゆみが自身の実体験を... HMV&BOOKS online|2015年11月17日 (火) 09:18
    第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品