新世界3rd 河出文庫

長野まゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309407975
ISBN 10 : 4309407978
フォーマット
出版社
発行年月
2006年06月
日本
追加情報
:
15cm,179p

内容詳細

「希んだら、あなたの手で殺してくれますか」―イオの放った紡錘の直撃を受け意識を失ったシュイ。傷を負い、目醒めた彼のもとに戻ってきたのはイオではなく“ミンク”だった。二人は果たして別人なのか?衝撃の展開が訪れるシリーズ第三部。翻弄される“兄弟”の運命は?長野まゆみロング・インタヴュー(後篇)付。

【著者紹介】
長野まゆみ : 東京都生まれ。88年「少年アリス」で第25回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 橘 さん

    難しいながら、この世界観が好きです。1stの世界の続きに戻ってきました。シュイがソレンセンに言った、「希んだら、脳を破壊してくれるんですか。殺してほしいと訴えたら、あなたの手で殺してくれますか。」という言葉が切ないです。この世界の階級がまだよく把握出来ていませんが、続きも楽しみです。

  • 橘 さん

    シュイ、ソレンセンに思慕よりも強い感情を抱いている気がします。不安定どころじゃない。リュカ一体何したのか。。

  • ふぶき さん

    ソレンセン周辺のことが少しわかってきました。ジャウがシュイやミンクに尽くしているのは何故なのか…。シュイがソレンセンを思う気持ちが切ないです。そんなに好きかぁ…。イオとミンクは別人なのかなど新たな謎も。

  • 波璃子 さん

    3巻。最初はイオ視点だったのでイオに冷たく当たるシュイがあまり好きになれなかったが、2巻・3巻と読むうちにシュイのよるべなさが好きになった。まったく分からない単語をこういう意味かな、と自分で考えて読み進めるのも楽しい。

  • 螢 さん

    「希んだら、脳を破壊してくれるんですか。殺してほしいと訴えたら、あなたの手で殺してくれますか。」 メモを取りながら。シュイがどこまでも苦しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長野まゆみ

東京都生まれ。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長野まゆみに関連するトピックス

  • 第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞 下町で生まれ、実直な文字職人として生きてきた父だが、その死後知られざる横顔が覗きはじめる。長野まゆみが自身の実体験を... HMV&BOOKS online|2015年11月17日 (火) 09:18
    第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品