新世界 2nd 河出文庫

長野まゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309407968
ISBN 10 : 430940796X
フォーマット
出版社
発行年月
2006年05月
日本
追加情報
:
15cm,188p

内容詳細

“ミンクを収容施設から連れ出せ!”シュイは、主治医ソレンセンからの指令を受け施設に侵入するが、襲撃を受け格闘するうち、傍らで何者かが燐光を起こす…徹底的に監視され孤独を深めゆくシュイの姿を描く巨篇・第二部。謎の物質“ゼル”をめぐる争いは混迷を深め、少年たちの運命の歯車が回りだす。

【著者紹介】
長野まゆみ : 東京都生まれ。88年「少年アリス」で第25回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 橘 さん

    シュイの孤独が伝わってきます。P.U.S.や、描かれる世界が少しずつ少しずつわかってきました。レトはどうなったのだろう。最後にイオが。続きも楽しみです。

  • 螢 さん

    特殊な生殖機能と多元的な性別シフトを持つ種族で構成される夏星。時間は少し遡りシュイ視点。ここから先はただただシュイが理不尽な目に遭い続け、精神的にも肉体的にも磨耗してゆく。まだ序ノ口。

  • まゆら さん

    新世界二巻目。ぼんやりと全体像が見えてくる二巻目、身体的な構造の違いで決まる階級差や遺伝的疾患により逃れられない運命を半ば諦めるように受け入れる少年たち。全体的に漂う世紀末感…。配給制の食糧や闇市などまるで戦時中のような暗鬱な空気が流れるのに、あくまで淡々とした文章でさっぱり進んで行きます。このまま三巻目へ。

  • 橘 さん

    ここまで階級差が激しく、支配するものされるものが残酷な程きっちりあるのは、そして階級が下の種族?は好きに扱っていい…というのはかなりのディストピア。

  • iuba さん

    シュイは受難の少年。こういった、生まれながらにしてもち、抗えない様々な束縛・弾圧に耐えて顎を引く年若い少年の姿、というモチーフは多くの手によって描き出されている。長野さんもまたそういった人物の造形にすぐれ、周囲を取り囲む閉塞的な世界観を決して多くは語らないながらも構築している。謎は多くありながら、雰囲気が満点で、好きな人にはたまらないだろうな。ジャウの存在が一番きにかかる。取り急ぎ次巻へ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長野まゆみ

東京都生まれ。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長野まゆみに関連するトピックス

  • 第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞 下町で生まれ、実直な文字職人として生きてきた父だが、その死後知られざる横顔が覗きはじめる。長野まゆみが自身の実体験を... HMV&BOOKS online|2015年11月17日 (火) 09:18
    第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品