新世界 1st 河出文庫

長野まゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309407913
ISBN 10 : 4309407919
フォーマット
出版社
発行年月
2006年04月
日本
追加情報
:
15cm,175p

内容詳細

太陽から二億三千万キロ離れた夏星。そこではP.U.Sという先天的病気の因子が住民を蝕み、人々は“新世界”への渡航を夢見ていた。斡旋住宅で兄シュイと二人きりで暮らすイオ。彼の元に残された謎の物質“ゼル”とは何か?二人を巻き込む壮大な闘いが今、始まる。超人気シリーズの第一巻。

【著者紹介】
長野まゆみ : 東京都生まれ。88年「少年アリス」で第25回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カナン さん

    裏表紙の紹介文をちらと見る。…太陽は「ソル」でスペイン語、夏星は「シアシン」で中国語。振られているルビひとつ取っても、それが自由奔放に世界各国の音と色を拾い上げている世界観ににんまり。長野まゆみはこうでなくちゃ、と思う。同性間の性的描写も暈すことなく書かれているのに、生々しさや不快感は無く、何処か作り物めいて透き通った登場人物たちの果敢無さや残酷な美しさばかりが強く印象に残る。序章ということでさくさく行きたいのですが全巻揃ってないのが痛い。

  • 螢 さん

    久しぶりに。相変わらず何が何だか分からない。この不明瞭さが解消されることはないし混乱は深まる一方だが、それでいい。確かに、世界はそこにある。冷たく無機質なようでいて、境界を失うほど溶け合おうとする生々しさをはらむ。醜悪であるはずのそれらが、いっとう美しい。

  • 橘 さん

    まだ物語の始まりなのでよくわからない世界ですが、この空気に揺蕩っていれば良いのかなと思いました。生々しい描写もありますが決して醜くなく、冷たく綺麗に感じます。続きも楽しみです。

  • まゆら さん

    長野さんにしては珍しい長編、全五巻のSFファンタジー。中期によく出てくる此処ではない何処かへの脱出を目指すという世界観。この世界では、〈新世界〉への移住が一般的になった世界を舞台に、シュイとイオの兄弟と謎の少年ハルや病気で肥満体になったミーモに、医師のソレンセンなどの登場人物たちの関わりにより徐々にイオの置かれている状況が読めてきます。まだ序章なのでこれからどう展開するか楽しみ。

  • 波璃子 さん

    まったくわからないワードを分からないまま、こういう意味かな、と想像しながら楽しんで読んだ。実体が不確かで何かはっきり分からないからこそ、世界が無限に広がってゆく。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長野まゆみ

東京都生まれ。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長野まゆみに関連するトピックス

  • 第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞 下町で生まれ、実直な文字職人として生きてきた父だが、その死後知られざる横顔が覗きはじめる。長野まゆみが自身の実体験を... HMV&BOOKS online|2015年11月17日 (火) 09:18
    第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品