夏期休暇 河出文庫

長野まゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309404066
ISBN 10 : 4309404065
フォーマット
出版社
発行年月
1994年02月
日本
追加情報
:
15cm,201p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちょろこ さん

    季節を楽しむ読書、の一冊。夏、少年、記憶…自分好みのテーマが盛り込まれたとても好きな作品だった。どこか淋しさをまとい今にも儚く消え去ってしまいそうな少年たち。なんとなく全体的にモノクロームの世界を感じる。なのに海の碧さ、白い波、木半夏(ぐみ)の実の紅い硝子玉のような輝きが鮮やかに目に浮かぶ。遠い記憶。封印が解かれるかのようにあの夏の記憶が蘇っていく時間。寄せては返す波のように蘇っていくあの時。押し寄せる残酷という名の大波。あぁ、いっそのこと全ての記憶を波がさらってくれたらいいのに…。

  • ジンジャー(C17H26O4) さん

    青と葵。あおいは千波矢に帽子を持ってきてくれただろうか。海は夏の色をもうしていない。透き通るように青く凪いだ空と海の表紙からは想像できない物語だった。海の見せる不吉な表情は、千波矢の心に渦巻く兄、青への憧れと、葵への嫉妬心とリンクしているようにも思えた。穏やかな浜には波がひたひたと寄せ、岩礁ではうねり、逆巻き、立ち上がる。葵のいなくなったことを現実として感じた後の千波矢の、葵が仔犬を千波矢と呼んでいたと知った後の彼の抑えられない期待にぞっとした。けれど、少年少女の苛立ちや嫉妬は煌く海のように美しかった。

  • mii22. さん

    夢と現実とが水のように容易く溶け合ってしまう千波矢の幼い頃の記憶。岬の突端にある空家に残された記憶の欠片はおぼろげだが、あの少年のことだけは、はっきりと覚えている。静謐な微笑を浮かべて佇む千波矢の兄。なのに兄は本当に存在したのか幻影なのか正体が掴めないもどかしさ。突然現れた兄と同じ名を持つ少年との出会いにより過去の扉が開かれようとする。海と岬と秘密の隠れ処。潮風と波と夏薔薇の垣。夏の海辺の空気感が作中に溢れんばかり。昼間の煌めきと夜の漆黒の怖さがこの世界観を際立たせている。

  • ブルちゃん さん

    いつもと少し感じが違うと思ったら、少女が割と絡んでくるからかなあ🤔✨ 千波矢が過去を思い出す場面は、胸が締め付けられたな。 長野さんの本は、夜風に当たりながら読むとピッタリですね😌 思い出すと、切ない波の音が聞こえてくる物語😌。

  • coco夏ko10角 さん

    海や植物の描写が美しい。最後はそういうこと、なんですよね…?切ないなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長野まゆみ

東京都生まれ。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長野まゆみに関連するトピックス

  • 第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞 下町で生まれ、実直な文字職人として生きてきた父だが、その死後知られざる横顔が覗きはじめる。長野まゆみが自身の実体験を... HMV&BOOKS online|2015年11月17日 (火) 09:18
    第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品