三日月少年の秘密 河出文庫

長野まゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309409290
ISBN 10 : 4309409296
フォーマット
出版社
発行年月
2008年10月
日本
追加情報
:
171p;15

内容詳細

夏の夜届いた“少年電気曲馬団”への招待状に誘われ、ぼくはお台場へと向かっていた。しかし、遊覧船は知らぬまに“日付変更線”を超え、船で出会った紺という名の少年と二人、時をスリップしてしまう。やがてぼくらは、東京タワァ完成祝いの点灯式を見にいくのだが…単行本を大幅改稿。空中電氣式人形の秘密が、今明らかに。

【著者紹介】
長野まゆみ : 1959年、東京都生まれ。88年「少年アリス」で第25回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mayu さん

    夏の夜に届いたのは、少年電気曲馬団の招待状。パールホワイトの紙に銀ながしの封筒、見知らぬ国の紅い切手。これだけでもなんだかわくわくする。遊覧船に乗ってお台場に向かったはずが、日付変更線を超えてたどり着いたのは、東京タワー完成間近のレトロな東京。だけど、話に聞く昭和な東京とは違い、町全体にキラキラしたときめきと不思議があふれている。「三日月少年漂流記」が失った三日月少年を探す旅だとしたら、こちらは三日月少年側から見た冒険のお話。ノスタルジックと幻想の長野さんワールドを楽しんだ。

  • 橘 さん

    わたしには秘密は解けることなく読み終えましたが、好きな空気でした。附録で少しわかった気がしますが。三日月少年、不思議な自動人形です。昔の東京の描写も素敵でした。

  • まゆら さん

    長野作品に度々登場する三日月少年を軸としたお話。三日月少年とは電気式の自動人形で本物の人間と見分けがつかない程精巧に出来た少年人形である。いくつか見分け方のポイントがあるそうで洋服のボタンが留めれないだとかコップを逆手で持つなどの特徴が詳しく書かれていて面白い。舞台設定として、大正時代の浅草十二階や昭和中期の東京タワーの点灯式を見に行ったり、時代背景を感じて楽しいです。話の筋を追うより雰囲気を楽しむ方が向いてる本だと思います。

  • 橘 さん

    自動人形である三日月少年の世界は好きです。最先端でいて、レトロ。ミステリアスな「かばんの秘密篇」が好みでした。

  • 芙蓉 さん

    再読。中学生くらいに読んだ。初期の長野まゆみ作品。三日月少年という自動人形たちのお話。《チョコレエトボンボンの真の効能を知るにはまだ数年早いと申し上げておきましょう。自らの口に入れているうちは、ひよっこというわけであります》

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長野まゆみ

東京都生まれ。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長野まゆみに関連するトピックス

  • 第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞 下町で生まれ、実直な文字職人として生きてきた父だが、その死後知られざる横顔が覗きはじめる。長野まゆみが自身の実体験を... HMV&BOOKS online|2015年11月17日 (火) 09:18
    第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品