はじめての手話 2 バリアフリーの本

長谷川純子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784035432500
ISBN 10 : 4035432504
フォーマット
出版社
発行年月
2000年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,31p

内容詳細

あなたは、『はじめての手話 1』を読んでくれましたか?手や顔の表情をつかって話す、もうひとつの、ゆたかな言葉「手話」。あなたも、手話で、「耳に障害のある人」と話してみませんか。

目次 : きょうは入学式/ 社会科見学にいきました/ 好きな教科はなんですか?/ おとなりの小学校にいきました/ 結婚パーティーに出席しました/ 「みんなが手話で話した島」/ ママは手話の先生です/ 手話落語を知っていますか?/ デパートに買い物にいきました/ かぜをひいてしまいました/ わたしの夢/ 手話で歌おう・大きな古時計/ みんなに考えてもらいたいこと

【著者紹介】
長谷川純子 : 島根県生まれ。広島大学卒業後、東京都立足立ろう学校に勤務。主に幼稚部で、耳の聞こえない幼児のコミュニケーションの成立や言語の獲得のお手伝いをする。現在、都立大塚ろう学校勤務。トータル・コミュニケーション研究会会員

矢沢国光 : 1939年静岡県生まれ。東京都立足立ろう学校に勤務。中学部の数学科教論を経て、現在同校で幼児部乳児母子相談を担当。ろう教育での手話使用を推進してきた。トータル・コミュニケーション研究会副会長。ろう教育の明日を考える連絡協議会事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長谷川純子

1966年神奈川県生れ。イラストレーター、ルポライターとして数々の雑誌で活躍し、2004年5月短篇集『発芽』(マガジンハウス)で小説家としてデビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品