聴くシネマ×観るロック CROSSBEAT presents

長谷川町蔵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784401636600
ISBN 10 : 4401636600
フォーマット
発行年月
2012年03月
日本
追加情報
:
240p A5

内容詳細

目次 : 〜DVD/Blu‐rayとCD、総勢330作以上を紹介する、 / ロックと映画をつなぐ画期的ガイドブック!〜

【著者紹介】
長谷川町蔵 : ライター&コラムニスト。東京都町田市出身。様々な媒体に、映画、音楽、文学、ゴシップなど多岐にわたる原稿を寄稿している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うめうめ さん

    題名の通り映画とその映画に使われたロックのガイド本。もう興味のある映画と音楽だらけで凄く面白かった。こういう本が悩ましいのは観たい映画と聴きたいアルバムが増えること。嗚呼!時間とお金がほしい。★★★★

  • daiyuuki さん

    「ウェディング・シンガー」で使用されたスパンダー・バレエの「トゥルー」が80年代カルチャーのリバイバルの起爆剤になった理由、「メメント」と「アメリカン・サイコ」で使用されたデヴィッド・ボウイの「サムシング・イン・ジ・エアー」が描いているテーマ、など映画と音楽の根深い関係。ミュージシャンになりたがる俳優監督、ブロードウェイに到来したロック・ミュージカル・ブームについてのコラムもあって、映画と音楽マニアには必読書です。

  • ピロミ214 さん

    読んでいる途中から私のバイブルになってしまったので、図書館で借りて読んでたのに、読み終わってすぐにアマゾンで買っちゃった。聴きたい音楽と観たい映画が増えすぎて困ったけど嬉しい!

  • くさてる さん

    ロック音楽と映画についてのガイドムック。映画で使用されたロック音楽とそこにこめられた意味や製作者側の意図を知ることが出来、ちょっとしたトリビアまで楽しめるような濃い内容になっていて、とても面白く読むことが出来た。なんとなく「あ、この曲カッコいいな」「良い場面で使われるな」くらいにしか思っていなかったことに関して、そこにある深い意味を知ることで作品をより愉しむことが出来るようにするためのコツがたくさん紹介されていると感じた。そういう意味でも単なる蘊蓄本じゃなくて良かったです。

  • minamimi さん

    観てない映画は観たくなるし、観た映画はもう一度観たくなる。本を読む時間が減るよ〜。 あっさり観て、ふーんと思っていただけの映画が多く載っていた。作者の映画&ロック愛がヒシヒシと伝わる本。辞書替わりにしたいから購入しようか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長谷川町蔵

東京都町田市出身。映画や音楽にまつわるコラムからフィクションまで、クロスオーバーなジャンルで執筆する文筆家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長谷川町蔵に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド