風景にさわる ランドスケープデザインの思考法

長谷川浩己

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784621302040
ISBN 10 : 4621302043
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
124p;21

内容詳細

目次 : 1 思考の手がかり(風景に気づく/ 関係性に参加する/ 場所を設える/ 風景は公共空間である)/ 2 デザインの手がかり(風景を再編集する/ 場所が生まれる契機をデザインする/ 体験をデザインする/ 時間を生きるデザイン)

【著者紹介】
長谷川浩己 : ランドスケープアーキテクト。1958年千葉県生まれ。オンサイト計画設計事務所パートナー、武蔵野美術大学特任教授。千葉大学を経て、オレゴン大学大学院修士修了。ハーグレイブス・アソシエイツ、ササキ・エンバイロメント・デザイン・オフィスなどを経て現在に至る。多々良沼公園/館林美術館、丸の内オアゾ、東雲CODAN、星のや、日本橋コレドの広場、虎渓用水広場、オガール広場などで、グッドデザイン賞、造園学会賞、AACA芦原義信賞、ARCASIA GOLD MEDAL、アーバンデザイン賞、土木学会デザイン賞最優秀賞など受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • もりおか さん

    筆者は公共のなかの「ひとり」をいかに大切に作り出せるか、そこにランドスケープデザインはかかっている、と主張する。電車の中のパーソナルスペースを侵害し合う関係ではなく、見知らぬ他者と空間を共有する不思議な瞬間も確かに存在する。 建築とは何のためにあるのか。単なる移住空間の提供、スマホで時間潰しをするためにベンチを設置 する事ではなく、広がりの創造、他者を排除の対象から受容の対象へ移行させる手段のひとつ、その場の佇まいさえ奥行きのあるものに変えていく…深遠で深長なランドスケープに魅力を感じた。

  • おさや さん

    読みやすかった ランドスケープ の目線を知った

  • hideko さん

    肌触りのある風景? 難しい!

  • タオルケット さん

    神保町の南洋堂書店にて、購入。著者は星野リゾートを中心に空間デザインをしている人物。 デザインと人文科学の絡みを期待して買ったのだが、かいてることのほとんどがいろんな著作物のかいつまみのように思え、著者はデザインの言い訳をしているようにしか思えなかった。(実際に著者が手がけた空間デザインは素敵なはずなのに) テーマを挙げるなら、もっと掘り下げて書くべき。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長谷川浩己

ランドスケープアーキテクト。1958年千葉県生まれ。オンサイト計画設計事務所パートナー、武蔵野美術大学特任教授。千葉大学を経て、オレゴン大学大学院修士修了。ハーグレイブス・アソシエイツ、ササキ・エンバイロメント・デザイン・オフィスなどを経て現在に至る。多々良沼公園/館林美術館、丸の内オアゾ、東雲CO

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品