我々はどう進化すべきか 聖地ガラパゴス諸島の衝撃

長沼毅

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784865812312
ISBN 10 : 4865812318
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
追加情報
:
184p;19

内容詳細

ガラパゴスは人間の未来を映し出す鏡だ!

ガラパゴス化という言葉はマイナスな意味合いで使われることが多いが、その言葉の元になって
いる「ガラパゴス諸島」は、生物学的に極めて稀に恵まれた、奇跡の島である。

第1に立地条件。南米大陸から近すぎず遠すぎず、寒流と暖流が交わる「海流の十字路」にあり、
陸と海に豊かさをもたらす。第2に進化論の聖地であるということ。第3に火山ガスをエネルギー
源にして生きる驚くべき「謎の深海生物」チューブワームがガラパゴスの海底火山で発見された
こと。そんなガラパゴスに生きるリクガメなどの生物たちは、過去に人間の乱獲により絶滅しかけ、
今は保護対象であると同時に観光と密漁の新たな脅威にさらされている。

長沼教授はいう。「ガラパゴスは、人間性の変化、人間の未来を映す鏡のような存在。協調せず、
利己的でも、利他的でもなく繁栄してきたガラパゴスの爬虫類たちの姿から、人間が伝統的に
思い込んでいた価値観(協調性や利他性の必要性)とは別のフレッシュなライフ観を得ました」。

【著者紹介】
長沼毅 : 1961年三重県四日市市に生まれた直後から名古屋市で育ち、4歳からは神奈川県大和市で育つ。海洋科学技術センター(JAMSTEC、現・独立行政法人海洋研究開発機構)深海研究部研究員、カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員などを経て、広島大学大学院生物圏科学研究科教授。北極、南極、深海、砂漠など世界の辺境に極限生物を探し、地球外生命を追究しつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スプリント さん

    ガラパゴス化。というと負のイメージ。取り残されたという印象を与えますが、ガラパゴス諸島の生態系は異端なのか?進化の一つの道筋としてガラパゴス諸島の他にはない特徴を分かりやすく説明されています。

  • M さん

    ガラパゴスの本国はエクアドル共和国で、その特異性は赤道、諸海流、地球の自転に伴うコリオリ力、湧昇、火山活動やプレートテクニクスなど、地球規模での複合的な自然効用を考える上で数少ない場だという。また、爬虫類全般に共通することとして「協調性」や「社会性」のなさが挙げられ、一方で鳥類や哺乳類には利他的行動が挙げられる。同様にガラパゴスの爬虫類においても、利他的でも利己的でもないが、自我剥き出しで競争に明け暮れる闘争状態でもなく、むしろ繁殖にとっては天国であり、伝統的なライフ観の刷新が求められる希少な場だという。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長沼毅

1961年三重県四日市市に生まれた直後から名古屋市で育ち、4歳からは神奈川県大和市で育つ。海洋科学技術センター(JAMSTEC、現・独立行政法人海洋研究開発機構)深海研究部研究員、カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員などを経て、広島大学大学院生物圏科学研究科教授。北極、南極、深海、砂漠など世

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品