編集長の条件 醍醐真司の博覧推理ファイル

長崎尚志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103321736
ISBN 10 : 4103321733
フォーマット
出版社
発行年月
2018年01月
日本
追加情報
:
328p;20

内容詳細

フリーの漫画編集者・醍醐のもとに突如舞い込んだ、編集長就任依頼。一度は断るものの、前任の編集長・南部が不可解な死を遂げていたことがわかる。さらに、彼が生前「絶対に勝てる大人向けマンガ雑誌」を思いついたと話していたのにも興味をひかれ、依頼を引き受けることに。一方、出版関係専門の調査員・優希は、別の理由で南部の調査を任されていた。タッグを組んだ二人の手がかりは、作者不明の古い画稿・謎を追って辿り着いたのは、戦後史最大の謎と言われる国鉄総裁の迷宮入り事件「下山事件」だった―!?

【著者紹介】
長崎尚志 : 作家、漫画原作者、漫画編集者。出版社勤務時代から様々な漫画作品の編集を担当し、週刊漫画雑誌の編集長も経験。後に退社しフリーとなる。漫画原作・脚本、リチャード・ウー名義で作品もある。2010年『アルタンタハー 東方見聞録奇譚』(講談社)で小説家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    ご存知、浦沢直樹さんとのコラボが多い原作者の面目躍如のシリーズ小説です。前の2作も読んだのですがすっかり忘れています。今回は主人公がある青年向けコミック週刊誌の編集長にスカウトされますが、前任の編集長の不自然な死に方やコミックに関する話題がかなりありこの方面に興味のある方には面白く読めます。私は紙芝居や貸本についてのこの中での話題に興味を覚えました。最近の人は殆ど知らないと思います。

  • ゆう さん

    図書館本。シリーズ3作目。とある編集長が屋上から転落死。事故か事件か。下山事件を題材に、今回は醍醐がスカウトされて、フリーから会社員復帰?、編集長に大抜擢ということで、部下が出来る。前作までは気分屋で面倒なだけの人だった気がするけど、醍醐って仕事出来る人だったんだ、と改めて再認識。短期間の上司だったら良さそう。長期はボロがでちゃうかもしれないから(笑)優希とお姉さんがちょっと歩み寄れたようでよかった。

  • スミレ さん

    マンガ編集者の醍醐が活躍するシリーズ3作目です。 1作目は、ドラマ化されたため読了済み。今作もドラマ化を機に読みました。 南部という編集長の死の真相を追って、醍醐と女探偵の優希が再びタッグを組みます。 最初はなかなか入り込めませんでしたが、物語が進むにつれ引き込まれました。 実在の漫画家や実際に起きた未解決事件が関わるので、まるでノンフィクションのよう。 意外に涙腺が弛んだラスト。 ドラマを観るのが楽しみです。

  • かめちん さん

    醍醐シリーズ3作目。再び優希とコンビを組む。やはりこのコンビの空気感にはなんとも言えない良さがある。古い原稿の出所を探るうちに戦後最大の謎と言われる「下山事件」にたどり着く。相変わらず蘊蓄話も楽しめ一気読みでした。

  • かおり さん

    漫画も大好きなので、とっても面白かったし勉強になりました。漫画の話しだけでも良かったくらいです。つまり・・・・ミステリーすきだけど、推理とか真相とか最後の方は疲れました(>_<)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長崎尚志

漫画週刊誌編集長を経てフリーに。リチャード・ウー名の原作漫画で「第1回さいとう・たかを賞」を受賞。2010年『アルタンタハー 東方見聞録奇譚』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品