教場0 刑事指導官・風間公親 小学館文庫

長岡弘樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094067101
ISBN 10 : 4094067108
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
336p;16

内容詳細

T県警が誇る「風間教場」は、キャリアの浅い刑事が突然送り込まれる育成システム。捜査一課強行犯係の現役刑事・風間公親と事件現場をともにする、マンツーマンのスパルタ指導が待っている。三か月間みっちり学んだ卒業生は例外なくエース級の刑事として活躍しているが、落第すれば交番勤務に逆戻り。風間からのプレッシャーに耐えながら捜査にあたる新米刑事と、完全犯罪を目論む狡猾な犯罪者たちとのスリリングな攻防戦の行方は!?テレビドラマ化も話題の「教場」シリーズ、警察学校の鬼教官誕生の秘密に迫る第三弾。

【著者紹介】
長岡弘樹 : 1969年山形県生まれ。筑波大学卒。2003年「真夏の車輪」で第二五回小説推理新人賞受賞。08年「傍聞き」で第六一回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。13年刊行の『教場』は、週刊文春「二〇一三年ミステリーベスト10国内部門」第一位に輝いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    教場、教場2に続くというか舞台はその前に戻っての話です。風間道場ということで主人公がまだ指導官になる前の話で現場から風間の下でOJTで刑事の資質を見分けられるということのようです。話が6つ収められていてそれぞれがちょっとした手がかりで解決します。対応がまずいとすぐ駐在所へ戻すと脅かされたりしています。6番目の話でなぜ風間が隻眼になったのかがわかります。

  • バネ さん

    教場シリーズの中で、今回の風間が一番優しい感ぢがした。そういう意味では、他の作品より若干見劣りか。事件が起こり、それを風間道場の門下生が風間の指導の元、解決していく短編集。ただ、サクサクとストーリー展開していくので、軽く読むには面白い作品かと。 …しかし、他の方も言われているが風間はキムタクではないでしょ。「…ちょ、待てよ」(死語)とか言うんだろうか。。

  • カブ さん

    前2作ですっかり風間公親のファンになってしまいました。風間が警察学校の教官になる前の6編の連作短編集となっております。新米刑事にプレッシャーを与えるのは教場と同じ。どれも映像が浮かぶような作品ですが、特に「三枚の画廊の絵」が好きです。

  • Junichi Yamaguchi さん

    『痛みを感じている場所と、実際に痛みを発している場所は別』… 教官が教官になるまでの物語。 かれの足、眼の謎が解けたが、個人的には彼の新人時代、教場の生徒だった頃を、いつか知りたい。。

  • Tak さん

    風間教官の義眼の原因などが解る警察学校前の活躍を書いた短編集。ちょいと無理矢理な所もあるけど面白かった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長岡弘樹

1969年山形県生まれ。筑波大学卒。2003年「真夏の車輪」で第二五回小説推理新人賞を受賞しデビュー。08年「傍聞き」で第六一回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。13年に刊行した『教場』は2013年週刊文春ミステリーベスト10国内部門第一位を獲得、14年本屋大賞にもノミネートされた(本データはこ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品