教場 小学館文庫

長岡弘樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094062403
ISBN 10 : 4094062408
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
追加情報
:
324p;15

内容詳細

希望に燃え、警察学校初任科第九十八期短期過程に入校した生徒たち。彼らを待ち受けていたのは、冷厳な白髪教官・風間公親だった。半年にわたり続く過酷な訓練と授業、厳格な規律、外出不可という環境のなかで、わずかなミスもすべて見抜いてしまう風間に睨まれれば最後、即日退校という結果が待っている。必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじきだすための篩。それが、警察学校だ。週刊文春「二〇一三年ミステリーベスト10」国内部門第一位に輝き、本屋大賞にもノミネートされた“既視感ゼロ”の警察小説、待望の文庫化!

【著者紹介】
長岡弘樹 : 1969年山形県生まれ。筑波大学卒。2003年「真夏の車輪」で第二五回小説推理新人賞受賞。08年「傍聞き」で第六一回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ehirano1 さん

    「職質」についての話は非常に興味深いものがありました。職質は奥が深いですね。また、風間教官が「(警官に)憧れる」人材をダメだとするのは「バッテリー(あさのあつこ)」でも同様でしたね。

  • KAZOO さん

    この作者は「傍聞き」についで2作目です。警察学校を舞台とした連作短篇小説です。このような学校の内容なのでしょうか?私は半信半疑で読んでいました。教官も癖のある人物が多く、学生自体も本当に警察官がつとまるのかと思われるような人物が多いような気がします。あまり知らないところでの物語で新鮮さはありました。

  • 茜 さん

    正月にドラマ化されていておもしろかったので読んでみました。“既視感ゼロ”の警察小説確かにその通りですが警察小説を好んで読んだことがなかったので全てが目新しく楽しんで読めました。ドラマが先だったけれどかなり忠実に再現されていたのですね。昔、私も警察官になりたくて試験を受けましたが見事に落ちました。受かっていても厳しさについて行けずにすぐ辞めていたかもしれない。そんな苦い記憶が脳裏を横切りました。警察小説もっと読んでみたいなぁと思います

  • のり さん

    警察学校とは単に、専門技術・学科を学ぶ所だと思っていたが、その内幕は苦難苦行の連続でもあった。入校した者を皆、送り出すという概念は全くない。逆に篩にかけ退校者を望む気配すらある。勿論、向き不向きもあるだろうが…風間教官の洞察力と、あまり表面に出ない思い遣りが残った者の成長を促す。警察官になるのは想像以上に大変である。

  • ハゲおやじ さん

    文庫本になったので購入。積本だったが、やっと読み始める。「読めないよなぁ・・・。」と思っていたが、早いペースでの読了に自分でも驚く。各章毎に人物が異なるが、どこかで繋がっていて(当たり前か)面白い。しかし、軍隊の様な閉鎖空間が舞台で、内容的には重い流れ(溺れていたのを助けてくれたのに蟻で仕返ししちゃう?)で、このままなら嫌だなぁ・・・と思ったけど 最終章のラストでホッとさせてくれて良かった。風間って人は、D機関の結城みたいだ と思う。(ジョーカー・ゲームだけど、わからないよね)私は、ここに入校しないなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長岡弘樹

1969年山形県生まれ。筑波大学第一学群社会学類卒業。2003年「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞。08年「傍聞き」で第61回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。著書に、13年「週刊文春ミステリーベスト10」国内部門第1位に輝いた『教場』など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載され

プロフィール詳細へ

長岡弘樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド