創約 とある魔術の禁書目録 電撃文庫

鎌池和馬

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049128093
ISBN 10 : 4049128098
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
345p;15

内容詳細

科学と魔術が混在する世界。ここは科学サイド最高峰の学園都市、時はクリスマス。相変わらず補習に勤しむ上条当麻の前に、イヴの空気に呑み込まれた御坂美琴が現れて――!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • キリル さん

    舞台は第三幕へ。思えば遠くへ来たものです。新統括理事長最初の計画は予想してましたが、最初の一手が意外過ぎてびっくりしました。科学サイドのトップ層たる統括理事が自分たちの技術ではなく、本来外にあるはずの魔術サイドの技術を持ってきたという意外性はあっても、歴戦の上条さんがそこに気づくのに遅れた感じがしてちょっと不思議でした。でも分かってしまえばさすがは歴戦の上条さんでした。オティヌスが颯爽と現れる場面はかっこよかったです。大事件を経て科学と魔術の境界線が曖昧になっていくこの世界で次は何が起こるのか楽しみです。

  • ソラ さん

    ついに第3幕開幕。もうこれ以上広がらないんじゃないとか思っていたけれどまあなかなか気になる展開にしてくれたなぁと。

  • ダイ さん

    巻数が再びリセットされての新シリーズでしたが、読みやすくて面白かったです。登場キャラが絞られていて事件もシンプルだった分そう感じましたね。序盤の当麻と美琴とインデックスの三人のクリスマスの時間は珍しくて中々貴重な時間でした。また、姿が見えなかったオティヌスがピンチの時に満を持して登場する姿は良かったです。そして、一方通行が自ら決めた選択には驚きましたし選んだからには頑張って欲しいですが、これで暫く戦いの活躍はなさそうですね。あと、当麻の頑丈さは本当に凄いです。最後は、また強烈な引きで続きが気になりますね。

  • vava1355 さん

    上条視点オンリーなのは非常に読みやすかった。この作者はザッピングが下手糞なので今回はグッド。戦いに参加するメンバーは今回くらいの戦力がベストだと思う。全体的に旧約っぽい雰囲気で個人的には好き。

  • マヌヌ2号 さん

    上条さんにしろ一方通行にしろ、行動原理にめちゃめちゃ強固な一貫性があって、それがこの物語の軸となっているのだよな。いくら荒唐無稽な事件やちゃぶ台返しが起ころうと、彼らの選択に筋が通っている限りは物語の行く末が見失われることはないだろうと思える。今回の上条さんの論戦とか堂に入りすぎていてちょっと笑ってしまったものな。引き出しの数が違いすぎる。「暗部」の必要性についての話は新約でも触れられていたけど、ここまでガチガチに理路を固められたら頷く以外にどうしようもないのではないか。まぁ上条さんの理屈というのは、↓

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

鎌池和馬

2004年『とある魔術の禁書目録』(電撃文庫)デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

鎌池和馬に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品