明治維新の正体 徳川慶喜の魁、西郷隆盛のテロ

鈴木荘一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909447074
ISBN 10 : 4909447075
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
318p;18

内容詳細

幕末維新史を塗り替えた大ヒット作!幕末最高のステーツマン、徳川慶喜VS幕末ポピュリストの親玉、西郷隆盛。

目次 : 第1章 維新の先駆者徳川慶喜/ 第2章 日米和親条約を容認した徳川斉昭/ 第3章 通商条約の違勅調印/ 第4章 吹き荒れる攘夷の嵐/ 第5章 慶喜が条約勅許を得る/ 第6章 イギリスが薩長を支援/ 第7章 徳川慶喜の登場/ 第8章 大政奉還の思想/ 終章 万民平等の実現

【著者紹介】
鈴木荘一 : 近代史研究家。昭和23年生まれ。昭和46年東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行にて審査、産業調査、融資、資金業務などに携わる。平成13年日本興業銀行を退社し、以後歴史研究に専念、現在は「幕末史を見直す会」代表として、現代政治経済と歴史の融合的な研究や執筆活動などを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ますみ さん

    日本史は得意な方だったけれど、幕末から近現代はいきなり苦手になってました。学校では、大政奉還→明治維新って感じで、急に変わっちゃうし。幕末の志士のみなさんはけっこう人気もあったりするけれど、なんとなく怪しいな〜って思ってたんです。なので、幕末のできごとを、ペリーの来航からひとつひとつ丁寧に教えてくれるこの本は、本当に勉強になりました。『龍馬伝』も『西郷どん』もいいとこどりばかりで、本当のところは見えてなかったなーと思います。もっと幕府側の人々が評価されてもいいような気がします。やはり、勝てば官軍ってこと?

  • sasara さん

    歴史はその時々の権力者によって語られるようですが、明治維新から150年を迎え、やっと西郷隆盛さんの革命テロリスト説やら坂本龍馬さま銃密売商人説が出てきて嬉しいかも。歴史を多面的にみる機会にぜひ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品