これでいいのか品川・目黒・港区 日本の特別地域特別編集

鈴木士郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896379396
ISBN 10 : 489637939X
フォーマット
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
144p;26

内容詳細

目次 : 知られざる『東京タワマン』理想と現実 品川・目黒・港区―タワマン象徴地域の残酷な未来とは?/ 第1章 東京のタワーマンションに最後のビッグウェーブがやってきた!/ 東京20区タワマン事情一斉大調査!/ タワマン生活の不都合な真実/ 第2章 誤解だらけの品川区/ 第3章 目黒区民はそれでも目黒が好き/ 第4章 知られざる港区の暗黒面/ 第5章 品川・目黒・港区大発展の危うさ

【著者紹介】
昼間たかし : 1975年岡山県に生まれる。ルポライター。県立金川高等学校を卒業後、上京。立正大学文学部史学科卒業。東京大学情報学環教育部修了。ルポライターとして様々な媒体に寄稿。地域批評シリーズは第一弾『日本の特別地域東京都足立区』より参加

佐藤正彦 : 1970年生まれの基本なんでも受けます美術関係ライター。青山周辺の出版社で働くこと10数年

鈴木士郎 : 1975年東京都生まれ。編集者、ライター。地域批評シリーズ創刊より編集スタッフ、編著者として携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kaz さん

    図書館の内容紹介は『急速に普及したタワーマンションは、どのような恩恵と弊害を地域にもたらしたのか。タワマンブームを牽引してきた品川・目黒・港区と、その他東京20区すべての地域を調べ上げ、タワマンの理想と現実を明らかにする』というもの。確かに、タイトルは「これでいいのか品川・目黒・港区」となっているが、多くをタワマン問題に割いている。目黒区については「区のほとんどが不便 陸の孤島とセレブ地帯の謎」とある。目黒通り沿いが鉄道の駅から近くないのは確かだが、実際には陸の孤島というほど不便さは感じない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品