中央線をゆく、大人の町歩き 鉄道、地形、歴史、食 河出文庫

鈴木伸子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309415284
ISBN 10 : 4309415288
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;16

内容詳細

あらゆる文化が入り交じるJR中央線を各駅停車。東京駅から高尾駅まで全駅、街に隠れた歴史や鉄道名所、不思議な地形などをめぐりながら、大人ならではのぶらぶら散歩を楽しむ、町歩き案内。

【著者紹介】
鈴木伸子 : 東京都生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業後、雑誌「東京人」編集室に勤務。1997年より副編集長。2010年退社。都市、建築、鉄道、町歩き、食べ歩きなどをテーマに執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くろにゃんこ さん

    ガイドブック的なものと思い借りたら字がいっぱい(^^ゞそれぞれの駅周りの様子、歴史や変化など詳しく書いてあります。栄えていったり寂れていったりと街の変化は正直だ。

  • saga さん

    著者は同年代か? 中央線各駅停車で東京から高尾までを語るコラム。沿線の蘊蓄には、裏取りのない伝聞らしき記載もあり、著者が大学生から勤め人として過ごした中央線だが、もう少し奥行きが欲しかった。サブタイトルとなっている鉄道、地形、歴史、食がどっちつかずの様相となってしまった。

  • スプリント さん

    中央線沿線の街歩きの予習に最適。 魅力ある街が多いですね。

  • ゆいまーる さん

    「明治22年に甲武鉄道の新宿-立川間が開通した時にできたのは、新宿、中野、武蔵境、国分寺、立川の5駅だけ」/「東小金井駅は日本初の請願駅として、昭和39年に地元民が駅開設の費用全額を負担して開設された」

  • TUGUMI さん

    中央線沿線にずっと住んでいる者としてこれは読まなくては、と思い購入。各駅の魅力や見所を色々と紹介していて、読了後は小旅行でも終えたかのような達成感があった。吉祥寺のロンロンがアトレに変わったこととか、自分が今まで見ていた町並みが変化していくことをまざまざと自覚させられたのも良かった。中央線、住んでても思うが他路線と比べて独特で、ディープな沿線だと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品